音声・動画資料

牧口先生生誕150周年ラジオ番組

本年6月6日、牧口先生の御生誕150周年を迎えました。牧口先生の御生涯がラジオドラマで放送されました。後半では、札幌創価幼稚園園長へのインタビューもあります。このラジオ番組がYouTubeでも公開されましたので、紹介致します。時間は1時間です。

 

 

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

夢の醸造所 3.0 - にほんブログ村

会長就任60周年記念特集

若き池田先生

映像で見る 池田大作SGI会長の行動と軌跡|創価学会公式サイト
池田大作SGI会長の会長就任60周年(2020年5月3日)を記念し、世界の識者との対話や、平和行動の軌跡、文化交流の歴史、海外学術機関での講演などを、映像で紹介します。ゴルバチョフ元ソ連大統領や、ローザ・パークス女史、マンデラ元南アフリカ大統領との交流など。

 

気に入ったらクリックしてください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

夢の醸造所 3.0 - にほんブログ村

 

民衆の興隆のあるところには、必ず歌がある

民衆の興隆のあるところには、必ず歌がある。歌には、人びとの理想があり、その歌を通して、団結も生まれる。だから、声高らかに歌を歌って、明るく、うんと陽気に、人生を楽しみながら、広宣流布を進めていくんだよ。 (小説『新・人間革命』から)

→インド新愛唱歌

→アメリカ青年部の歌

→青年よ広布の山を登れ

→創価大学学生歌

→厚田村

その他の学会歌は、次の再生リストからお聞きください。次々に合計15曲再生されます。

 

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

トインビー対談 他の動画

トインビー対談

 

改めて公式サイトのSOKAnetムービーを見てみました。主な動画を紹介致します。

 

1.21世紀への対話(前編) 2.21世紀への対話(後編)

3.仏教研究家クラーク・ストランド氏

4.さくら 1話 2話 3話 4話

5.未来学者ヘイゼル・ヘンダーソン博士

6.ハーバード大学での講演

 

これらのページに掲載の他の動画1つ1つも、お勧めですので、時間の許す方はそちらもぜひご覧ください。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

核兵器の開発競争激化の恐れ

INF全廃条約が8月2日に失効した。アメリカのトランプ大統領はロシアが条約違反をしているとして、条約の破棄を表明。ロシアのプーチン大統領は、それはアメリカの新型ミサイル開発のための口実だと主張。お互いに譲らず、今回の条約の正式な失効となった。これにより、核兵器の開発競争の激化の恐れが出てきた。

私事であるが毎朝の配達時に、米国のニュース・ライブラジオを何年も聞いている。その中で頻繁に「Nuclear Deal」という言葉が聞こえてきた。「核の交渉」とか「核合意」などと訳す。核兵器を交渉事や取引の1つとしてしか捉えられないとしたら、何と傲慢で愚かなことだろうかと思う。もし核が一度でも使用されれば、罪なき民衆の幾十万の生命を奪い、国土を破壊し尽くす。その筆舌に尽くし難い、核兵器の悪魔性から、決して目を背けてはならないのである。

以下の資料は、核兵器の破壊力の凄まじさと悲惨さを示している。この核兵器を現在の世界は1万4525発も保有しているというのだ。ピーク時に比べると数自体の軍縮は、大きく進んだのは事実だ。しかし現在の核兵器は1発で、広島型原爆の100発分の破壊力を持つ程までに、改良が加えられている。もし全面核戦争が起これば、地球上の全生命を50回にわたって、繰り返し絶滅させることができるというから驚きを禁じ得ない。

科学技術は万能ではない。人間が管理・運用するものである以上、「ヒューマン・エラー」(人為的ミス)というのは常に起こり得る危険がある。もし仮に機械の誤作動や人間の操作ミス等で、誤って核兵器が発射され1つの都市を壊滅させる事態が全く無いという保証はないだろう。それにより報復の連鎖が起き、全面核戦争が勃発する可能性でさえゼロではないのだ。それは核兵器が存在する限り、つきまとう恐怖なのである。

INF全廃条約の失効自体が、直ちに核戦争につながる訳ではないが、核開発競争の激化は免れないだろう。核の数が増えれば、それだけリスクも増えるのは確かだ。トランプ大統領はロシアの他に、300発近い核兵器を持つ中国も参加する形で、新たな核軍縮の枠組みを模索する姿勢を示していることには期待したい。

核兵器は、人間の地獄界さらには「元品の無明」が生み出した、悪魔の産物である。しかし、人間生命に内在する仏界の叡智をもってすれば、必ず核兵器を必要としない平和な世界をつくることは可能である。その第一歩として、世界で唯一の被爆国の日本人として(被爆体験はありませんが)、こうした場を借りて、核兵器に隠された魔性を暴き出すことは意義が大きいと考える。

→【資料1】広島原爆投下

→【資料2】核戦争後の地球(1)

→【資料3】核戦争後の地球(2)

→【資料4】世界の核兵器の数(1)

→【資料5】世界の核兵器の数(2)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

聖教新聞2万号の印刷風景

改めて1月20日、聖教新聞20000号おめでとうございます、配達員制度になって64年の間、配達員はじめ聖教新聞を支えてくださった全ての方々の、尊き汗と労苦に深く感謝申し上げます。

20000号の印刷風景の動画がありましたので、紹介致します。動画の再生を始めると表示される、右下にある斜め矢印をクリックして最大化し、スピーカーのマークにより音量を上げてご覧ください。

【聖教新聞が2万号に!】今日、聖教新聞が2万号を迎えました^ ^東日印刷で2万号が刷られる様子を撮影してきました!印刷・輸送・配達――。毎朝、新聞が届くという日常を、絶え間ない努力で支えてくださる全ての方に心から感謝!これからも、聖教新聞をよろしくお願いします!#聖教新聞 #聖教 #新聞 #東日印刷 #2万号 #創価 #創価学会 #seikyoshimbun #seikyo #newspaper #soka #sokagakkai

SOKAnet(創価学会公式サイト)さんの投稿 2019年1月19日土曜日

 

↓よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村