読書・文芸

命の燃え尽きるまで学びに学べ-指導集(25)

 

●新・人間革命 第19巻 「虹の舞」の章から

◎信心の本当の大功徳とは、この「境涯革命」「人間革命」である。自分の境涯が変わるから、依正不二の原理で、環境も変化し、一切の問題が解決できるのである。

 

◎「微笑は大なる勢力なり、春の風の如し、心の堅氷(けんぴょう)を解(と)くの力あり」とは、信念の思想家 内村鑑三の名言である。

 

◎生きるということは、学ぶということだ。先師の牧口常三郎も、恩師の戸田城聖も、命の燃え尽きるまで学びに学んだ。軍部政府の弾圧によって逮捕された牧口は、独房にあっても必死になって読書に励んだ。死去する一カ月余り前の葉書にも、「カントノ哲学ヲ精読シテ居(い)ル」とある。

また、戸田も、生ある限り読書を怠らなかった。病床で大講堂落慶の式典の指揮を執りながら『十八史略』を読み、伸一にも、「今日は何を読んだか」と、厳しく尋ねるのであった。命ある限り、学びに学び、戦いに戦うのだ。そこにこそ、価値創造の人間道がある。

 

 

●珠玉の励まし「生涯、一兵卒として」 19-4-3付創価新報

1976年(昭和51年)8月25日、九州総合研修所に集った男子部、学生部の中核メンバーへの、山本伸一の万感の思いが込められた指導がつづられています。

 

学会も組織である限り、皆が皆、中心者になるわけではない。脚光を浴びる立場から外れる場合も、当然ある。実は、その時に、人間の本性が現れ、真価がわかる。それをきっかけに、組織から遠ざかり、やがて、離反していく者も出るかもしれない。自分に光が当たらなくなると、離反はせずとも、ふてくされたり、勝手な行動をとる者、傍観者を決め込む者も出るでしょう。(中略)

 

生涯、一兵卒となって、広宣流布のため、同志のために、黙々と信心に励んでいくことです。唱題に唱題を重ねながら、会員の激励に、座談会の結集に、機関誌の購読推進に、弘教に、地を這うように、懸命に走り回るんです。それが仏道修行です。それ以外に信心はない。勇ましく号令をかけることが、信心だなどと、勘違いしてはならない。

 

模範の一兵卒たり得てこそ、広布の大リーダーの資格がある。私は、君たちが五十代、六十代、七十代・・・と、どうなっていくか、見ています。人生の最後をどう飾るかだよ。
(「敢闘」の章)

 

 

●忘れ得ぬ瞬間(とき) 創価大学・女子短大2004年4月入学式 19-4-30

正義のため。平和のため。人民の幸福のため――この最も大切な目的に向かって、勇敢に戦い抜き、忍耐強く勝ち抜いていく。これが「青春の英雄」であり、「生命の勝利者」であります。そのためには、心して良書を選び、徹底して読破していくことです。恩師・戸田先生は、厳格に悪書を斥【しりぞ】けました。「良書を読め」と常々言われた。

 

私も若き日、恩師から毎日のように聞かれました。「今、何を読んでいるか」「どんな内容か」。忙しくて読み進んでいないと、たちまち見抜かれた。一緒に旅行した時は、列車に乗っている間じゅう、読んだ本の話をさせられました。東北から東京までの旅の長かったこと――。

 

ともかく先生は読ませました。私を訓練しました。今思えば、幸せなことです。訓練から逃げた人、努力を避けた人は、その時は気楽でいいかもしれないが、後になって苦しむ。あえて苦難の道を、自分を鍛えるために、諸君は頑張り抜いてもらいたい。

 

 

●新・人間革命 第24巻 「灯台」の章から

◎世間への執着を捨てて、仏門に入ることを『出世間』というが、人びとを救うために広宣流布をしていくには、さらに『出世間』を離れ、再び、世間という現実社会の真っただ中で、戦っていかなくてはならない。つまり、『出出世間』だ。実は、そこに、本当の仏道修行があるんだ。だから、“社会に根を張って初めて広布”なんだよ。

 

◎たとえ、立場は新入社員であっても、あるいは、決して、主要なポジションにいるわけではなくとも、“自分が、この会社を守っていこう! 必ず発展させてみせる! 皆を幸福にしていこう!”という自覚を忘れてはならない。それが、仏法者の生き方であり、学会の精神です。

 

腰掛け的な気持ちや、“どうせ自分なんか取るに足らない存在なんだ”という思いがあれば、本当にいい仕事はできません。戸田先生は、よく『ただ月給をもらえばよいというのでは、月給泥棒だ。会社のために、自分はこう貢献したというものがあって、初めて、月給をもらう資格がある』と語っておられた。そして、『“信心は一人前、仕事は三人前”してこそ、本当の学会員だ』と厳しく指導されていた。

 

大聖人が『御みやづか(仕官)いを法華経とをぼしめせ』と仰せのように、自分の仕事を、信心と思い、仏道修行と思って挑戦していくことです。限界の壁を破り、不可能を可能にするという学会の指導や活動の経験も、仕事に生かされなければ意味がありません」

 

伸一は、“皆が職場の第一人者に!”との祈りを込め、魂をぶつける思いで語った。仏法は勝負である。ゆえに、社会で勝利の実証を示してこそ、その正義が証明されるのだ。

 

◎山本伸一は、包み込むように語りかけた。「社会では、さまざまな付き合いや、他宗の儀式の場に参加しなければならない場合もあるでしょう。しかし、窮屈に考え、自分を縛るのではなく、賢明に、広々とした心で、人間の絆を結んでいくことが大事です。日蓮仏法は、人間のための宗教なんです。

 

信心をしているからといって、社会と垣根をつくり、偏狭になってはいけません。また、信心のことで、家庭や職場で争ったりする必要もありません。それでは、あまりにも愚かです。長い目で見て、家族も、職場の人びとも、温かく包み込みながら、皆を幸せにしていくのが、仏法者の生き方です」

 

日蓮教団は、ともすれば、排他的、独善的で、過激な集団ととらえられてきた。事実、日蓮主義を名乗り、テロなどに結びついていった団体もあった。それは、万人に「仏」を見て、万人の幸福を実現せんとした、日蓮大聖人の御精神を踏みにじる暴挙である。そこには、社会を大切にしていくという「仏法即社会」の視座の欠落がある。

 

伸一は、最後に、「常識を大切に」と訴えていった。「非常識な言動で、周囲の顰蹙(ひんしゅく)を買う人を見ていると、そこには共通項があります。一瞬だけ激しく、華々しく信心に励むが、すぐに投げ出してしまう、いわゆる″火の信心″をしている人が多い。信仰の要諦は、大聖人が『受くるは・やすく持つはかたし・さる間・成仏は持つにあり』と仰せのように、持続にあります。職場、地域にあって、忍耐強く、信頼の輪を広げていく漸進的な歩みのなかに、広宣流布はある。いわば、常識ある振る舞いこそが、信心であることを知ってください」

 

●2006年3月本部幹部会から

一流の人は皆、仏法と相通じているんです。アインシュタイン博士は記している。『人間としての真の偉大さに到る道はひとつしかない。それは何度も酷い目にあうという試練の道だ』と。

 

悪世、濁世の末法なんです。正義の人が馬鹿にされ、悪人が英雄扱いされる逆さまの世が末法なんです。私はこの50年、ずーっといじめられてきました。毎日、毎日、毎日、毎日、悪口を言われてきました。今も言われ続けています。悪口を言われない人は私の弟子ではありません。自分だけイイ子になって、そんな人は断じて私の弟子なんかじゃありません。

 

今、いじめられている人。悪口を言われている人。何も心配しなくていいよ。私の弟子はあなたです。あなたこそ私の本物の弟子なんです。悪口を言われている人、顔をあげなさい。胸を張りなさい。

 

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

夢の醸造所 3.0 - にほんブログ村

万年筆

万年筆を自分へのご褒美に購入。

 

「希望・勝利の年」開幕の第1回本部幹部会は体験など素晴らしかったですね。さて、上の写真は後輩の同志に触発され(真似をして)、コロナ禍を約1年よく頑張ってきましたということで、自分へのご褒美に購入した万年筆です。それなり本格的な万年筆って、書き味がこんなに良いのですね。初めて知りました。コンバーターでインクを注入した後に、万年筆をほとんど指に乗せるだけの軽い筆圧で、ペンを運ぶと、非常に滑らかに文字が書けるのです。(ペン字を習ったことは皆無です。試し書きは、赤面の至りですが、そこはご容赦を)

 

こうして満17年にわたってブログを綴ってきて、少しは文章が練られてきたかは自信はありません。また、万年筆を買う余裕など到底ない中での買い物ですし、ブログにそもそも筆記具は不要です。しかし、この大変ななか自分へのご褒美をと考えたとき、真っ先に思い浮かんだのが万年筆だったのです。

 

万年筆で思い出したのは、高専卒業時に学生部卒業記念ということで、学生部の責任者の方を通して、池田先生から万年筆を頂いたのを思い出します。カートリッジ式でしたが、万年筆の扱いをよく知らなかった私は、ペン先になぜインクが出てこないのか分からず、ペン先が割れて開くぐらい、むやみに力をかけて試し書きしたのでした。自分で駄目にしておきながら、学生部の担当者に文句を言ってしまう始末でした。

 

本当に無知ということは恐ろしいものです。この一事が象徴していたように、先生からの期待とご厚情に充分お答えできなかった自分だったと深く反省します。この拙いブログによって、少しは過去の失敗を挽回することが出来たとしたら、これほどの喜びはありません。

 

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

夢の醸造所 3.0 - にほんブログ村

ドラマ『レ・ミゼラブル』今夜から放送

NHKで『レ・ミゼラブル』のドラマが、今夜23時から放送開始されます。早速、録画設定しました。今から楽しみです。

レ・ミゼラブル - NHK
希望は生まれる そこに愛ある限りフランスの文豪、ヴィクトル・ユゴーの名作が、リアルでスケール感たっぷりの映像でよみがえる。(全8回)

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

都市の文化 他 -書籍紹介(12)

以下は、いま読み進んでいる書籍です。全て中古か新品で購入しています。画像をクリックすると、詳細ページが開きます。

   

   

   

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

泣いて馬謖を斬る

中国の民衆に千数百年にわたって読み継がれてきた『三国志』。その終盤において劉備玄徳の遺志を継いだ孔明が、なぜ泣いて馬謖【ばしょく】を斬らなければならなかったのかを、考察してみます。

魏・呉・蜀が熾烈な戦いを繰り広げていた三国志の時代。西暦228年「街亭【がいてい】の戦い」において蜀の宰相・諸葛孔明は、歴戦の武将たちを抑えて馬謖を指揮官に任命します。孔明は馬謖に対して、敵軍の進軍をを阻止するべく、最重要の地である街亭を死守するよう命令します。ところが馬謖は命令に背き山上に陣を取ったため、水路を絶たれ多くの兵を失った上に、みすみす敵を素通りさせてしまうという大惨敗を喫したのでした。

そもそも、孔明の友人・馬良の弟であった馬謖を、兄の戦死後、孔明が引き取って、大事に育てたのです。池田先生は『私の人間学(上)』で、馬謖について次のように述べています。

「馬謖は、経験が乏しく、また才と功に走るきらいがあった。もちろん孔明はそれを知りつつあえて起用した。孔明としては、それだけ、”ここ一番”という思いで、馬謖に賭けたのであろう。(中略)しかし、悲しいかな、馬謖にはそうした心の深さがわからない。溢【あふ】れる才と、功を求めて走る心を払拭【ふっしょく】しえなかった」

「周到に積み上げた孔明の作戦は、音を立てて崩れてしまった。さながら針に糸を通すように少ない兵力、人材をもって魏に迫ろうとした孔明の粒々辛苦【りゅうりゅうしんく】が、余りにも安易な若者の慢【おごり】によって、水泡に帰してしまうとは……。しかもその命令違反の張本人が、彼が大成を期待し、育てた人物であったとは……」

先生は、馬謖が己の才気に走り、功を焦る心が強かったと仰っています。確かに、戦死した優秀な兄の分まで、一身に期待をあびた馬謖の心中はどうだったでしょう。「優秀だが兄には劣る」との評価をくつがえし、「馬謖はさすがだ、兄を超えた」と言われたかったのでしょう。たとえ、街亭の戦いで、孔明の指示通りに動き、成功を収めても、それは孔明の手柄にしかなりません。あえて命令に背き自分らしいやり方で成功を収め、周囲からの評価を高めたいとの意思が、強く働いたのでしょう。

結局、孔明は泣いて馬謖を斬罪に処すのですが、先生はその背景に、「蜀の人材欠乏」があったと考察されています。すでに関羽、張飛亡く、建国以来の重臣も相次いで亡くなり、孔明一人心労を尽くすしかない蜀の状況でした。そして次の戸田先生の言葉をひかれます。

「人間おのおの長所もあれば、短所もあるものだ。さすがの孔明としてもいかんともしがたいところがあろう。蜀の国に人材が集まらなかったのは、あまりにも孔明の才が長【た】け、几帳面すぎたからだ。(中略)しかも、彼には、人材を一生懸命探す余裕もなかった。そこに後継者が育たなかった原因があると思う」

若さというのは、そもそも向う見ずのものです。ある意味、本当の怖さも己の限界も知らない。また、才能がある場合、どうしても己の才を頼り、慢心の落とし穴に陥ってしまうものです。だからこそ、どこまでも謙虚に、自己を徹して磨き抜いていく姿勢が必要となります。老いも若きも補い合いながら「生涯青春」で、情熱をもって何事にも挑戦していってこそ、完成度の高い広布の大事業も成せます。「人を育てる人こそが真の人材」との指針を、改めて自ら実践していきます。

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

ハプスブルク家 ー書籍紹介(10)

以下は、いま読み進んでいる書籍です。ほぼ全て中古か新品で購入しています。画像をクリックすると、詳細ページが開きます。

   

   

   

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

ハプスブルク家 ー書籍紹介(10)

以下は、いま読み進んでいる書籍です。ほぼ全て中古か新品で購入しています。画像をクリックすると、詳細ページが開きます。

   

   

   

   

 

クリックを宜しくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村