当サイトについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
創価学会、公明党、日蓮正宗、顕正会

当サイトでは、鎌倉新仏教の祖師のひとりである日蓮に関する情報を扱います。

少々前置を置きますと、それは日蓮を鎌倉仏教の第一人者、あるいは最高の代表者とみなすからではありません。
日蓮ばかりではなく、親鸞、道元、そして法然でさえも、鎌倉時代にあっては、仏教界の片隅に埋もれた名もなき下級僧侶でしかなかったと、わたしは認識しております。
ただ法然だけは、念仏の流行にともない、かなり著名な様子でしたが、それでも、高級僧侶、天台の慈円などの目から見れば、ちょうど現代の有名本山の法主や貫主と呼ばれる人たちが、街の教祖を見下すような下等人種の存在にも等しかったのではないかと考えます。

つまり、彼らがふり返って鎌倉新仏教のピークに、それぞれ位置づけられるようになったのは、滅後教団の発展した結果にほかならないでしょう。
ゆえに教団によって偉大化された祖師のイメージをもって、そのまま史上の日蓮のありのままの姿を見ることはむずかしいと思います。
しかし、いったいありのままの日蓮の姿とは何なのでしょうか。

現在、多くの素晴らしい日蓮関連のブログや書籍が発行されています。
長いあいだ、誤解と歪曲と偏見を積み重ねられてきた日蓮像を、思想史的な認識に基づいて、遠慮なく解体されています。もしかしたら、日蓮の宗教を排斥しているかのような印象をそれらの本やブログは与えるかもしれません。実は、かく云う私も不快な印象を懐くひとりでした。

しかし恐らく、私がここであげせていただいているブログの多くはそれは本意ではないのでしょう。
素晴らしいブログの多くは、史上の日蓮には、功罪ふたつのものが葛藤する事実を周知したうえ、事実を、ありのままに思想史的方法を用いて復元しようと誠意をもってつとめてられているように思います。

功だけを称揚して、罪を隠蔽したり、罪だけを暴露して、功を無視する、といった便宜主義を意図的に回避されている印象を受けます。
わたしは批判は科学の生命であると考えます。それは日蓮に対しても例外ではありません。

また、現今の法華の各既成教団が、一向に各自の祖師を生かすことができず、それどころか精神的にも、思想的にも、自らが、崩れかけた壁のようになりはててしまっているのは、祖を殺し、仏を呵する批判を恐れ、歴史の垢のついたまま、祖師の全遺産を後生大事に受け取ろうとしてきたからでしょう。
そのため、歴史の垢の重みにたえかねて、当然生かされてよい、また生かされねばならない祖師の思想と精神までもが押しこめられています。

もっとも祖師の思想と精神が、歴史の垢を洗浄されて、みずみずしく現代によみがえってくるとき、まっさきに困るのは、ほかならぬ祖師を担ぎ、師の教を売り物にしている当の教団や信者ではないかというパラドックスも成り立つでしょう。教団をささえている客観的基盤は、基本的には、前近代的な封建遺制の伝統であって、祖師の精神でも思想でもないと思うからです。

過去に、祖にあやかろうとするものが祖を殺し、祖を殺すものがかえって祖を生かすことを知らねばならない、と本で読みました。

当サイトで、みなさんが自由に優れた情報にアクセスできる一助となれば幸いに存じます。
また、わたし自身が学ばせていただく感謝は計り知れません。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

*転載・リンク先の記載等でご都合悪いことがございましたら、大変恐縮ですがご一報いただければすぐに対処させていただきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*