2021年 10月 の投稿一覧

三代城に大勝旗を高々と

10/23
今日の一面

三代城に大勝旗を高々と
北海道 大空知北県、札幌5総県・太平洋総県
原田会長と共に 誓願の代表幹部会


選挙の話でしょうか…。

日蓮『観心本尊抄』の異体字 (1)

fbで知り合った Lau Kong-Iū さんが台湾の教育部異體字字典を教えてくださった。感謝感激。(livedoor Blog では正確にお名前が表記できないことをお詫びいたします)
早速、役立て日蓮『本尊抄』で使用されている異体字を再検証することにした。
本抄の異体字版は、既にアップしているのだが、完全版とは言い難い。どこかの研究機関で作成されているかもしれないが、自身の学習メモとして、少し書こうと思う。

§

題号題号の異体字

本尊抄は冒頭に日蓮自ら『如来滅後五五百歳始観心本尊抄』と記している。
現代表記で書けば、以上のとおりなのだが、原文はずいぶんと違う。
本は“夲”であるがネットでも表記できるので省略。

来「来」わたしのような古い人間は、図のように書くことは多い。また、かたちも現代表記文字と大きく違わないから、一見で読めるだろうと思いきや、「未に横棒一本多くないですか」と言われ、面食らったことがあった。
出来る限りわかりやすい表記が求められるのが現代だが、異体字の持つ多様性が面白いと思う。

後「後」先に異体字版を作成した時に大いに悩んだのが、この“後”だった。彳偏の貌が、どうにも特定できなかった。
日蓮特有の筆法かと諦め、致し方なく彳のままとしたのだが、やはり正式にあった。この貌の偏は思い至らなかった。

観「観」旧字は“觀”などがあるが、たぶん、こちらだろう。
日蓮筆法で艹冠の筆法は、実に悩ましい。書き方も色々で、この貌と決め難い。
題名は、他の文字は楷書なのに、なぜか“観”の偏ばかりは崩しているのだ。こういう闊達さは日蓮の書の随所にみられる。
当時の僧侶が扱った経典は、手書きであっても、楷書であり、その他、春日本のような古印字の摺本も当然、楷書。しかし、当然のように入り込み行書・草書に筆文字文化の奥深さを感じる。

尊「尊」この字も異体字は多く、特定に苦しんだものだった。
艹冠は八のような貌で、酉であるところが目、さらに下に一本、横棒で寸。
異体字のなかで、どの字を選ぶかは、どうやって決まっていったのか。興味は尽きない。
― (2) につづく ―



「ふさわしくない」と悪口を言う人たちへ

☆眞子さんに相応しくない? ps://www.youtube.com/watch?v=0txGvrELwYY&t=58s 先日の消去記事で、秋篠宮家長女・眞子さんと小室圭さんの入籍に対し、 結婚に反対の『行進デモ』が行われ、プラカードには「結婚反対」「小室母子の 血税横領疑惑を調査せよ」と書かれていたニュースについて、 人様の結婚を汚すとんでもないアクションに怒りを覚えました。 ...

公明党の目標は比例800万票だそうで。

衆議院の選挙戦が始まってるが世間的にはあまり盛り上がっていない感じ。コロナの影響もあるのか遊説カーもあまり見かけないが、創価活動家は期日前投票に内部の会員や外部の知人を連れ出したりこの時期になると毎日報告したりで忙しくしてるのだろう。もっとも創価はコロナで緊急事態宣言が発令されいるのに選挙ための会合・交流と世間の迷惑顧みず夏からずっとこの時に為だけに活動していたのだからご苦労なことだ。創価が選挙を信心だと主張する文証は莫迦の一つ覚えの『立正安国論』の
◆汝須く一身の安堵を思わば先ず四表の静謐を祷らん者か
の一文だがこの御文には選挙はもちろんのこと政治的なことは何一つ書いていない。日頃は「御書にすべて書いてある」だの「大本尊のことは御書に書いていない」だのと能書きを垂れているくせに御書に書いていない政治活動を信心だと解釈するのだから池田創価教学が実にインチキなのかよく分かるだろう。因みに「四表の静謐」つまり平和な社会を建設する方法として大聖人は上記の『立正安国論』の御文の少し前に、
◆早く天下の静謐を思わば須く国中の謗法を断つべし
と明確に仰せである。であるから創価の選挙活動など全く大聖人の仏法と無関係だ。そもそも創価自体が大謗法なのであるから彼らが支援する公明党もまた謗法与同の大謗法である。つまり公明党が得票すればするほど「四表の静謐」から遠ざかるのである。それは現在の国民の暮らしぶりをみても現証として表れている。よしんば創価公明が謗法でないとしても公明議員が他宗の謗法に何らかの圧力をかけることはそれこそ憲法二十条の政教分離の原則に反する違憲なのだから仏法上では公明党を応援しても「四表の静謐」にはならないという事だ。つまり学会員の選挙活動はどう転んでも「信心」などはない。よって功徳なんか出ないないのは文理の上から明らかなのだ。さて信心とは無関係な公明党だが18歳以下の子供だけに限定した給付金とマイナポイント3万円というバラマキ公約をメインに立て世間の顰蹙をかっているようだ。我々の税金を使って自党の宣伝に使うとはホントに汚いと思う。よもや税金を使った買収のような公約である。給付金を出すなら全国民に一律に出さなければ不公平だろう。そもそも、政権与党の一翼として逆になんでいままで給付金支給することができなかったか?という話である。選挙になったらいきなり給付金の話を持ち出せば誰しも選挙目当てとしか思わない。というか今まで給付金を支給できなかった政党が選挙後に支給できるという保証もない。選挙後に給付金を支給できなければ公約違反で支給したならいままで支給できたのに選挙の公約の為にわざと支給しなかったということになりどっちにしても信頼できない政党であることは間違いない。そんな公明党の今回の目標は比例得票800万票だそうだ。公明党自身がこんなに取れるわけないから要するに800万票というのは公明党の目標でなく学会員の目標だという事だ。勝手にこんな目標を立てられ煽られる学会員が本当に憐れだ。目標未達成でも山口代表が責任をとることはないが、選挙を指揮する各方面の幹部は気がきじゃないだろう。特に選挙区で落選ともなれば責任を取って左遷・降格が待っている。かなり昔のことが私の知人の総県長も選挙で負けて降格になり学会本部でも冷や飯を食わされたと本人が言っていたことを今でも覚えている。こんな組織の連中に大聖人のことを語って欲しくないとつくづく思う。ともあれ、今回の総選挙で目標の800万票に届くかどうか楽しみである。どんな結果が出ても創価は「大勝利」としかいわないだろうが、それはそれでミジメなものだ。夏からずっと活動してきて目標未達ではね(笑)

▼「一日イチ押し」お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会 批判・告発へ
にほんブログ村


創価学会ランキング

CMソングから演歌・外国の曲まで

☆今「148曲」の持ち歌. 4冊目になっている手作りの歌本の写真を以下に添付します。 写真解説「スケッチブックの表紙にマジックで「4」の数字が書かれています」 今年1月にウクレレを購入、以来、介護施設のイベント用に 書きき溜めた曲を数えてみると148ありました。 童謡、歌謡曲、演歌、フォークソングに加え、 外国の曲も記入するようになりました。 この写真の№4の歌本はまだ完成していませ...

随筆『人間革命』光あれ

10/22
今日の一面

本紙で掲載した池田先生のエッセーを書籍化
随筆『人間革命』光あれ
前進の活力送る17編を収録
全国の書店などで発売


新聞2部も3部もとってる人は、
切り抜いてスクラップブックにでも、
貼ってりゃ、こと足りるじゃん。

わざわざ、買う程でもねぇよ。
その方が、地球温暖化にも、優しいってもんだ。

誰もがドラマの主人公みたいなこと、
言ってらっしゃいますが、
それは、当たり前のことで、

でも、この団体においては、
端役も端役。
代わりがいくらでもいる、
通行人レベルですよ。

気付いてね…。

故柳澤宏道上人の思いへ低頭

石山本尊本棚を整理していたところ、もう10年近く前に、故柳澤宏道上人からご恵贈いただいた『石山本尊の研究』増補版が目に止まった。
実はご送付いただいたまま、丁寧に拝読することなくしまいこんでしまった。
滋賀にいた頃、お会いしたこともなく、わたしのほうから連絡をしたわけでもないのに、何故か故上人は本や食品を、たびたび贈ってくださった。
その深意を、本書を開いて冒頭を拝読し、わかったのである。

『序』を要法寺沙門 久能日玄が書かれ「柳澤宏道君が…彼が本宗に入門してから指針として、彼の信仰経歴から、特に本尊義についての研鑽を命じた…」と記されている。
また『自序』に故上人は「本書の前駆となった『日蓮正宗本尊の考察』を、様々な妨害を排除して発行したのは3年前であった。創価学会の脱会者で、現在は西山本門寺の僧侶を自称する者等が拙書の発行に絡み、版下原稿を彼等の小冊子に盗用したことなど、本当に派閥宗学を長年信仰した者は、一般の無宗教の人よりも悪辣であることを実感した」とある。

不覚にも、わたしはここを読んでいなかった。
実は、「西山本門寺の僧侶を自称する者」から、故上人は要法寺出家を詐称し、自分の原稿を盗んで本を出版したと聞かされていたのだった。しかし、ご連絡をくださった故上人は、実に誠実であり、詐称をしたり盗用をしたりするような人物とは思わず、困惑したものだった。

故上人の要法寺出家は『序』にあるとおり、日玄師が明言されている。
また、本尊に関する知識は「西山本門寺の僧侶を自称する者」とは格段比較にならなかった。

全く故上人が『自序』に書かれたことが事実であり、「西山本門寺の僧侶を自称する者」が盗んでおきながら盗んだと濡れ衣を着せたのだ。
誰のことも盗人扱いをするこの人物に、わたし自身も、盗人扱いをされたが、警察が事実ではないことを認めたのである。
また、わたしがかつて大石寺の所謂「本門戒壇之大御本尊』の鑑別を行うと、あとから同説を発表した者が、わたしを盗人扱いをし、日蓮門下各位に触れ回った経緯もあった。
そうこうした自分の経験もあり、お察しするに、故上人の無念は如何ばかりであったか、いまさらながら、落涙を禁じ得ない。

茲に故上人の潔白を宣揚し、御恩の一端に報いんがために、ここに記し置くこととする者である。