題目

脳梗塞入院での顛末-Ⅵ

以下の記事は「Ⅴ-体験上での脳梗塞患者へのアドバイス」からの続き、そして当連載の最終記事になります。 と言ってもこれは、自分の地区で実際に行った体験談ですので、既に読んで頂いたⅠ~Ⅴまでの記事の要約的な内容の繰り返しにな

「使徒信条」と「勤行御祈念」

「使徒信条」と「勤行の御祈念文」の相違を考えてみたいと思います。 二つの在り方は、同じ土俵で考えるべきものでは本来ないのでしょうが、宗教そして信仰の中心を占めているもの(信仰の基準)という意味で言うと、この二つの「祈り」

「感得」のこと

「管理人さんは重要な点を感得でごまかす」 これはあるコメントの一部です。最近のものですが、去年から同じ話を他の人からもされています。 先日から「対話」をしています。そして、今回の「体験」(感得)の話となりました。その説明