靖国神社を斬る

「昭和天皇はただの人、東条英機は神様」が、靖国の教義

昭和天皇は人間宣言をしたので、彼を神として祀る宗教施設は、この世にありません。

その、人間に過ぎない昭和天皇の、そのまた部下に過ぎない東条英機らA級戦犯を、なぜか神として崇めているのが、神社のフリをした新興カルト宗教・靖国神社なのです。


多少なりとも天皇を敬愛する気持ちがあれば、その部下を神として祀ることは慎むはずですが、靖国にはそのような遠慮は一切ありません。平然と天皇を下し、部下を天皇の頭上に置いています。


敗戦後、あらゆる屈辱に耐えた昭和天皇も、かつての部下だった東条らに頭を下げることだけは、我慢できなかったようです。A級戦犯の合祀後は、生涯靖国を参拝しませんでした。


もともと、靖国神社の教祖は、帝国陸軍の祖とされる軍人・大村益次郎です。もちろん大村自身も祀られています。


靖国神社参道のセンターには、創建を命じた明治天皇ではなく、発案者である大村益次郎の像がそびえ立っています。ここからも、靖国にとって本当はどちらが重要な人物なのかが理解できます。


つまり「軍属サイコー!」という宗教なので(笑)本心では、天皇ごときどうでもいいわけです。

やはり軍人だった東条英機を合祀したのも、必然の帰結だといえます。



天皇より、軍属のほうが上。

。。。一般国民はもとより、天皇を敬愛する保守層の心情からも遠くかけ離れた、独善的カルト宗教といえるでしょう。


東条英機に「敗戦」を報告した安倍前総理




辞任直後の安倍前総理が靖国に参拝し、案の定批難を浴びています。

彼は神道政治連盟国会議員懇談会の代表であり、神社本庁の「忠犬」として、戦前の日本を取り戻そうとしてきました。

しかし、念願だった在任中の改憲案は全く国民から相手にされず、アベノミクスも2度にわたる消費増税容認で水泡に帰しました。

さらに、緊急事態宣言の前倒し解除で早々に第2波を招いてしまい、ストレスが限界を超えて自滅してしまいました。

結局、これといった成果がないまま、総理の座を辞すことになりました。

ともあれ今回の参拝は、安倍晋三が総理の器ではなかったことを、改めて内外に示していると言えるでしょう。

靖国には、亡国の戦犯である東条英機も合祀されています。東条を熱心に崇拝し、その生命と感応すれば、日本を亡国に向かわせることは必然です。

菅新総理も神政連に加入しており、神社本庁と自民党の「主従関係」が解消されたわけではありません。

仏法の眼で見れば、自民に神社との関係を断ち切らせるしか、日本を救う方法はないのです。



それでも東条英機を拝み続ける安倍晋三

もはや総裁3選は絶望と見られている安倍総理ですが、半年前の衆院選時と同様、カルト教団の靖国に「内閣総理大臣 安倍晋三」名で真榊(まさかき)とよばれる供物を奉納しました。

衆院選では、野党の自滅によりかろうじて安定議席を確保したはずの自民党ですが、半年たった現在、政権はかつてないほどの混乱状態に陥っています。

野党がたまたまバラバラだから、かろうじて延命しているに過ぎないのが現状です。

与野党ともに壊滅状態というのが実態でしょう。

安倍総理は自ら神道政治連盟国会議員懇談会の代表を務め、靖国への供物奉納も欠かさず続けています。

靖国には、先の大戦で日本を滅ぼした東条英機も合祀されています。

つまり、日本の国主が東条を神として拝み続けるという異常事態が続いているのです。

これに怒った諸天が国を去り、政権の福運は尽きてしまったのです。

政策の目玉であるアベノミクスもいまだに成果は出せず(消費税を上げながらデフレ脱却などできるわけありません)、改憲などまるで見通しが立ちません。

安倍晋三も、このまま無能な総理として歴史に名を残すしかないでしょう。

邪宗は人生どころか、一国をも滅ぼすのです。