池田先生

脳梗塞入院での顛末-Ⅳ

関連記事リンク 脳梗塞入院での顛末-Ⅰ…Ⅰ-脳梗塞で倒れ、入院・検査 脳梗塞入院での顛末-Ⅱ…Ⅱ-回復の初期、そしてフロアフリー 脳梗塞入院での顛末-Ⅲ…Ⅲ-院内フリー、退院そして仕事復帰へ 脳梗塞入院での顛末-Ⅳ…Ⅳ-

脳梗塞入院での顛末-Ⅲ

関連記事リンク 脳梗塞入院での顛末-Ⅰ…Ⅰ-脳梗塞で倒れ、入院・検査 脳梗塞入院での顛末-Ⅱ…Ⅱ-回復の初期、そしてフロアフリー 脳梗塞入院での顛末-Ⅲ…Ⅲ-院内フリー、退院そして仕事復帰へ 脳梗塞入院での顛末-Ⅳ…(2

バカは操(あやつ)られる

「創価3世本音ブログ」(2014年6月11日更新終了)を流し読みしてみました。 その中のある記事の表題に「バカは操られる」と言うものがありました。内容はともかく、題名が面白いので借りてみました。(簡単に説明すると、学会員

池田大作朝鮮人説

「池田は朝鮮人の噂がある…」 これは学会中傷の中のよく見るフレーズです。 この小さな文章の内部には、二重三重の無知蒙昧(もうまい)が隠されています…。 「池田先生は、1928年1月2日に、東京府荏原郡入新井町(現在の東京

お墓参りで「生命論」のお話

9月の或る佳き日に義父のお墓参りをしました。 義父は何となく元気でいるようです。そんな感じがしました…。 今回は「そんな感じがした」と言うお話です。 ある意味とても「お伽噺(とぎばなし)」ですが、若し興味のある方は楽しん

仏罰鈍感無限の闇

仏罰って本当は存在しています。 今まで隠していて申し訳ありませんでした…。 実を言うと、仏罰に当たるととても辛いのです。 生活は破綻するし、人間関係も最悪、人格はボロボロ…いい事なしの人生です。勿論仕事などまともに出来る

「池田先生」と言う言葉の意味-Ⅱ

「池田先生」「人生の師匠」と言う言葉に引っ掛かりを感じている人は、想像以上に多い様です。学会内外、アンチ系問わず、かなりの人がこの言葉に対して、ある種異様な執着を持っている様に見受けられます。   今回は、過去

神札問題(学会と宗門の在り方)

ある人から、戦時中宗門が神札を受け取り、創価教育学会はそれを拒否したとの問題に関して、「当時の状況では宗門は苦渋の決断をした。正しいとは言えないまでも間違ってはいなかった」と言うコメントを頂きました。 また「宗門が神札を

「地涌」の読後感想

「地涌」(含JAN)を先日やっと読み終えました。計7ヶ月程かけての読破です。 感想を一言で言うと、この中に学会問題の解答全て(まあ…95%以上)が掲載されている、と言う事です。(「地涌」は当ブログ表紙メニューに表示) 「

「地涌」の読後感想

「地涌」(含JAN)を先日やっと読み終えました。計7ヶ月程かけての読破です。 感想を一言で言うと、この中に学会問題の解答全て(まあ…95%以上)が掲載されている、と言う事です。(「地涌」は当ブログ表紙メニューに表示) 「