日蓮大聖人

「創価学会批評ブログ」解体新書-Ⅲ

「創価学会批評ブログ」解体新書-Ⅰ 「創価学会批評ブログ」解体新書-Ⅱ 「創価学会批評ブログ」解体新書-Ⅲ …「創価学会批評ブログ」解体新書-Ⅱからの続きです。 ※   ※   ※ さて、2回に渡って彼の思想の基本部分を

「創価学会批評ブログ」★解体新書-Ⅱ

「創価学会批評ブログ」解体新書-Ⅰ 「創価学会批評ブログ」解体新書-Ⅱ 「創価学会批評ブログ」解体新書-Ⅲ …「創価学会批評ブログ」解体新書-Ⅰからの続きです。 ※   ※   ※ ブログの「筆者」の、日蓮仏法、及び創価

「原罪」と「宿業」

原罪とは… 『神の楽園に住むアダムとエバ(イブ)は、創造主から園にある全ての食べ物を自由にして良いと言われていたが、ただ一つ、ある木の実だけは禁止されていた。 にもかかわらずアダムは、エバを介してそれを食べてしまう。それ

池田先生信仰の話-Ⅱ

我々創価学会員にとって池田先生だけに限らず、歴代先生方の存在は信仰上絶対的な位置を占めています。 そもそも、初代牧口先生が存在していなかったなら創価学会そのものが存在してもいなかったでしょうし、戸田先生、池田先生に関して

創価学会の平和活動組織・団体

はじめに 当記事は、創価学会が運営する組織やその関連団体を、それぞれ誰でも簡単に「資料」として利用出来るよう判り易くまとめたものです。リンクを張っている団体名等は「2019年4月」現在実際に活動・運用されているものです。

復活!アタシの知ってる学会退転者

脳天気すぎる学会批判ブログは大好物です。 性別は問いませんが、女性の運営するこの手の「お馬鹿加減」は、適度なソフトさががあって、読んでいても無理なく笑えます…。 男性系の記事は、やはりどこかに棘(とげ)が感じられます。何

退転者における学会批判の真偽

創価学会が発足した当時から学会への「批判」は種々存在していました。 「創価教育学会」時代には牧口先生への軍部から国家圧力、と言う「批判」。 「創価学会」に名称変更した当時の戸田先生には、いわゆる邪宗から「非難・中傷」、と

「宗教=弱い人」を考える

信仰を求める人間は「弱い人間」だと只管(ひたすら)信じている人が,今も日本には少なからず存在しています。 「ステレオタイプ」とは、過去のある時に刷り込まれた「思い込み」をいつまで経っても払拭(ふっしょく)出来ない,そんな

脳梗塞入院での顛末-Ⅳ

関連記事リンク 脳梗塞入院での顛末-Ⅰ…Ⅰ-脳梗塞で倒れ、入院・検査 脳梗塞入院での顛末-Ⅱ…Ⅱ-回復の初期、そしてフロアフリー 脳梗塞入院での顛末-Ⅲ…Ⅲ-院内フリー、退院そして仕事復帰へ 脳梗塞入院での顛末-Ⅳ…Ⅳ-

理屈バカ

自衛官時代に、人生初の自動車講習所に入りました。いかなる免許も持っていないのに、いきなり大型自動車免許の講習です。(特別国家公務員的には、法律上可能だったようです) 同期の人も一緒で、彼も免許を持っていませんでしたが車に