心に染みる一言

自分は勝ったと誇れる人生  〔#217〕

ジェフィの四季

遠藤:そう言えば、白血病で亡くなった九歳の少年の、こんな話があります。

Endo: I am reminded of an episode involving a nine-year-old boy who died of leukemia. 

末期患者のカウンセリングや、臨死体験の研究で有名なキュープラー・ロス女史が紹介している話です(『「死ぬ瞬間」と臨死体験』鈴木晶訳、読売新聞社)。

It is described by Elisabeth Kubler-Ross, who is well known for her work counseling the terminally ill and investigating near-death experiences.

彼—ジェフィは三歳のときから入退院を繰り返し、体は弱りきっていました。あと二、三週間の命であることが、ロス女史にはわかりました。

Jeffy, the boy in question, had been in and out of hospitals since age three. By the time of his last visit, he was extremely weak, and Dr. Ross realized that he had only a few weeks left to live. 

ある日、「ぜったいに今日、家に帰りたい」と、ジェフィが言い出します。これは事態が非常に差し迫っているというメッセージでした。ロス女史は、心配する両親を説得し、車で帰宅させることにしました。

Jeffy announced with a sense of great urgency that he wanted to go home "today" Dr. Ross talked with his parents, who were worried and reluctant to comply with their son's wishes. She finally persuaded the parents and accompanied them home.

ガレージに入り、車から降りると、ジェフィは父親に頼みました。「ぽくの自転車を壁からおろして」 それは三年前に父が買ってくれた、新品の自転車でした。

When they arrived in the garage, Jeffy got out of the car and said to his father, "Take my bicycle down from the wall." It was a brand-new bicycle that his father had bought for him three years earlier, but that he had never been able to ride. 

一生に一度でいいから自転車で近所を回りたい — それがジェフィの夢だったのです。フラフラして、立っているのがやっとのジェフィでした。自転車に補助輪をつけてもらうと、ロス女史に言いました。
It was Jeffy's dream once in his life to ride around his neighborhood on his bicycle. Jeffy could barely stand on his feet. He had his father put training wheels on the bicycle and then said to Dr. Ross, 

「ここにきて、ママを押さえていて」。お母さんが止めに入らないためです。言われた通り、ロス女史が母親を押さえ、父親がロス女史を押さえました。そしてジェフィは、近所へ自転車の旅に出発します。

"You are here to hold my mom back." She writes:Therefore I held moms back, and her husband held me back. 

「おとな三人は、たがいの体を押さえ合いながら、感じていました。死が間近に迫った弱々しい子どもが、転んでけがをして血を流す危険をおかしてまでも勝利を味わおうとするのを黙って見守ることが、いかにむずかしいかを。ジェフィを待つている時間は、永遠のように感じられました」

We held each other back and learned the hard way how painful and difficult it sometimes is in the face of a very vulnerable, terminally ill child to allow him the victory and the risk to fall and hurt and bleed. And he then drove off on his solo journey on the bicycle around the neighborhood.

須田: 無事に戻って来られたのですか?

Suda: Did he make it back unhurt?

遠藤: はい。こう書かれています。「彼は満面に誇りをたたえて帰ってきました。顔じゅうが輝いていて、まるでオリンピックで金メダルをとった選手みたいでした」。

Endo: Yes. She writes: "He came back, the proudest man you have ever seen. He was beaming, smiling from one ear to the other. He looked like somebody who had won the gold medal in the Olympics."

一週間後、ジェフィは亡くなります。さらにその一週間後、誕生日を迎えた弟が教えてくれました。実はあの後、ジェフィは両親に内緒で、弟にプレゼントを渡していたのです。
One week later Jeffy died. A week after that, Jeffy's younger brother Dougy, whose birthday it was, related how after the bicycling episode Jeffy, without their parents' knowledge, had given him the bicycle for a birthday present. 

「いちばん大事な自転車を直接プレゼントしたい。誕生日まで待つことはできない。そのときには自分はもう生きていないだろう」からと。

"Jeff had told Dougy that he wanted the pleasure of personally giving him his most beloved bicycle. But he could not wait another two weeks until it was
Dougy's birthday, because by then he would be dead." 

彼は自分のやり残した仕事をやり遂げたのです。「両親はもちろん嘆き悲しみました。でもそれは重荷としての悲嘆ではありませんでした」
He thus was taking care of his "unfinished business." Dr. Ross continues: "The parents had a lot of grief, but no grief work, no fear, no guilt, no shame . . 

「彼らの胸には、ジェフィが自転車で近所を回り、人生最大の勝利に顔を輝かせて帰ってきたという思い出が残りました」。

They had the memory of this ride around the block and that beaming face of Jeffy."


----(省略)-----


池田先生:吉田松陰だったと思うが、「十歳で死ぬ人にも、十歳の中に春夏秋冬の四季がある。二十歳で死ぬ人にも二十歳の四季がある。三十歳、五十歳、百歳で死ぬ人にも、それぞれの四季がある」と言っている。〈『留魂録』〉
I think it was Yoshida Shoin who said: "A person who dies at ten experiences the four seasons of spring, summer, fall and winter in ten years. A person who dies at twenty has the four seasons in twenty years.Those who die at thirty, fifty or a hundred also each experience the four seasons in their years."

彼は信念を貫いて満二十九歳で処刑されたが、こういう生死観に立って、いささかも動じなかったという。要は、なすべきことをなして死ねるかどうか — 。「自分は勝った」と誇りをもって死ねるかどうか。
Shoin was thoroughly committed to his beliefs. Though he was executed at the age of twenty-nine, because he based himself on this view of life and death, he was not daunted in the least by the prospect of death. In a sense, the key issue is whether we die having achieved what we need to achieve; whether we die with pride in having won.

「死」を学ぶことは、「人生をどう生きるか」を学ぶことなのです。
To learn about death is to learn how to live. 




----(省略)-----



遠藤:よくわかります。私自身がそうでした。十二年前、四歳の長男が突然、亡くなりました。気管支肺炎でした。その時は悲しみをこらえるのが精一杯で、頭の中が真っ白という状態でした。

Endo: I understand what you're saying very well. I myself was in that position. Twelve years ago, my eldest son, who was then four years old, contracted bronchopneumonia and suddenly died. At the time, it was all I could do to contain my grief. I was in a daze.

しかし、池田先生をはじめ、同志の皆さんの再三にわたる励ましで、真正面から息子の死という現実に立ち向かえるようになりました。どれほどありがたかったか —感謝しても、しきれません。
But thanks to the repeated encouragement that I received from you, President Ikeda, and others, I could directly face the reality of my son's death. I feel boundless gratitude for the support everyone showed me.

それからというもの、先生の「必ず意味があるよ」との一言を胸に、真剣に題目を唱えました。御書をひもとき、先生の指導を貪るように学びました。一つ一つが新鮮でした。一つ一つが感動でした。命が洗われるような思いでした。
From then on, with your words to me, "This will definitely have meaning for your life," ever in mind, I began chanting much more earnestly. I read Nichiren Daishonin's writings and hungrily studied your guidance. In everything, I found fresh meaning. Everything touched me with new impact. I felt as though my life
had been cleansed

子どもの死という試練がなければ、信心の深い確信もつかめなかったでしょうし、人の真心も、人生の深さもわからない浅はかな自分になっていたなと、つくづく実感しています。また子どもはもう、再び生まれてきていることを、自分としては確信しています。
I keenly feel that without having gone through the ordeal of losing my son, I probably would not have developed the deep conviction I now have in faith. And I'm afraid I would have remained shallow in my ability to understand people's hearts or the profundity of life. I might add that I personally confident that my child has been reborn.

名誉会長: 私もそう思う。父子一体です。
Ikeda: I also feel certain that is the case. Buddhism teaches the principle of the oneness of parent and child. 

遠藤君がこうして法華経を語り、永遠の生命を語り、たくさんの人々に希望を送っている。その姿のなかに、息子さんの命は一体で生きている。
You are giving many people hope by discussion the Lotus Sutra and sharing your personal perspective on the eternity of life. Through these efforts, your son is alive. You and your son are one. 

生の姿であれ、死の姿であれ、父子一体の功徳を受けきって、楽しんでいるよ。
Whether he is in the phase of life or the phase of death, your son, because of the oneness of parent and child, fully shares the benefit of your efforts

人生は長い。晴天の日だけではない。雨の日も、烈風の日もある。しかし何が起ろうと、信心があれば、最後は全部、功徳に変わる。
Life is long, and it is not all clear skies. There are rainy days and days of fierce wind. But no matter what happens, as long as we maintain our faith, in the end everything that happens will turn into benefit. 

戸田先生は言われていた。「信心さえあれば、ことごとく功徳なのだよ。信心なくして疑えば、すべて罰だよ」と。

President Toda would say: "As long as you have faith, everything will be your benefit. On the other hand, if you lose faith and have doubts, everything will be punishment." 


永遠の生命」を信じて、この一生を生きて生きて生き抜いていくのです。この一生を勝利しきって、その姿でもって「永遠の生命」を証明するのです。
We have to live out our lives with firm belief in the eternity of life. Through our victory in this life, we show proof of life's eternity.

引用元:法華経の智慧(4)/The wisdom of the lotus sutra vol Ⅳ

ーーーーーー

どうでしたか?

すみません。ちょっと長くなってしまいましたね。

これは、私の大好きな『法華経の智慧』の中の一節なんですが、一番印象に残っている素敵な箇所なので、みなさんにもご紹介してみました。


何か、心に灯がともるような、何とも言えない感情が湧き上がります。

普通に生きていて、こんな深いことを教えてくれる、自分が触れられる機会は、なかなかありませんね。

いざという時、どうすればいいのかわからないという不安や恐怖に引きずられたままにならずに、どんなことがあっても、なぜそれが自分の身に起きたのか、自分にとって何なのかという視点を持つことができます。

この見抜ける力こそ、仏の持つ力「如来如実知見/The thus come one perceives the true aspect of the threefold world exactly as it is. 」ということですね。


学べは学ぶほど、すべてが繋がってきます。


どうか素晴らしき人生を!

そう、人間の手に戻すんだ〔#181〕

人間の手に戻す
もう一度取り戻すってこと。

そもそも日蓮大聖人の戦いも、
ある面からいえば、
”仏教を人間化する”戦いであったと拝される。

From a certain perspective, 
Nichiren Daishonin’s struggle can be seen 
as a struggle to humanize Buddhism.


人間の実生活から遊離していた仏教を
人間の手に取り戻し、
現実の生活法として教えられた。

He sought to return Buddhism, 
which had grown divorced from people’s 
actual lives, to the people, 
teaching it as a practical way to live. 

(省略)

そして、大聖人みずから、
その模範を示されたのである。

 The Daishonin exemplified this himself. 


引用元:『幸福と平和を創る智慧』27-1/“The Wisdom for Creating Happiness and Peace”

ーーーーーーーーーーーーー

もう一度、人間の手に取り戻そう。

人間の生き方に戻すんだ。

そうすれば、

法がそのまま、

生きている人の中に見えてくるんだ。

苦しみを苦しみのまま吸い込む感覚。〔#179〕

ラオウより
BY ラオウ


(戸田)先生は、
「ぼくだって、夜も眠れぬほど、
悩み、考えているよ」と


笑いながら、こう答えてくださった。


He laughed and said,
“Rest assured that I have problems 
and worries that keep me up at night.” 


「それは、牢獄のなかで、

自分の使命を知ったからだね。

“It’s because I realized what my mission was 
when I was in prison.


生涯を捧げて悔いない道を

見つけたということだ。

I found the path 
I could dedicate my life to without regret.


そうなれば人間は強いぞ。

That makes a person strong. 


恐れも、不安もなくなる」と。

All fear and uncertainty disappear.” 

大白蓮華2018年8月号巻頭言より


この間、座談会で読んだ巻頭言。

何か心にぐっと入ってきましたねぇ。

ぽーっとしていると、いろんなことが起こります。

私に似たような風貌の子に、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と言われそうです。笑。

たまに自分の中にあるフィルターを掃除しておかないと、苦しみを苦しみとしてそのまま吸い込んでしまうような感覚に陥るんです。

ですから、たまにこういう心にグッとくるものを入れておかないと、自分の中から湧き上がってくるネガティブな感情に簡単に持っていかれそうになってしまいます。(怨嫉の本質〔#107〕

自分の生涯を捧げて悔いのない道。

そういう思いが自分の中でONになっている時、怒りや、苦しみを、浄化された違った感情として出すことができる。

信心って、きっとこのフィルターの話をしているような気がするんです。

心に留めておく言葉 〔#171〕

空回り中
えいそー行進曲

”行動なき祈りは
観念であり

祈りなき行動は
空転なのであります”


Prayer without action is 
just wishful thinking, 

and action without prayer 
will be unproductive.



「幸福と平和を創る智慧」3章(6)
The Wisdom for Creating Happiness and Peace


いつも思う。

毎日ちゃんと、自分はどうなんだっていう目を必ず自分に向けること。

人のことをどんなに指摘できても、

自分が正しい行動を取れていることとはイコールではない。

他の弱さをどんなに言えても、

自分が強いということとはイコールではない。


正しき実践が自分にできるように、強い自分になれるように。

心に染みる一言#38_性格は運命なり 〔#161〕


 
引用元:
『青春対話Ⅰ』P178
『The Way Of Youth』p124-125 
池田大作



※『青春対話』と『The Way Of Youth』は表現の仕方が若干違います。ご了承ください。


性格は運命なり」という言葉がある。
だれもが自分の性格で悩む。
悩むからこそ進歩がある。
その反面、
悩んでいるだけでは、どうにも変わらない
自分という現実がある。
Many people believe personality is determined
by fate or heredity and
there's nothing we can do about it.
The fact is,
almost everyone agonizes over some
aspect of his or her personality.
But you have to realize that just worrying about
your problems won't change anything.

・・・・
たとえば一本の川があるとする。
ある地点では、その川の幅は変わらない。
同じように、その人自身というものは変わらない。
しかし、「質」はさまざまである。

浅いか深いか、
濁っているか清らかか、
魚がたくさんいるかいないか。

「内容」は違う。

人生の世界も一緒です。
Your personality is like a river.
At a certain point, the river's banks
are pretty much fixed.

In the same way,
the identity of a person doesn't change much.
But the quality of the water in the river can vary.

It may be deep or shallow,
polluted or clean,
have lots of fish or none at all.

While our river can't become a completely different
sort of river, we can, through our hard work,
purify it so that many kinds of fish
will be happy to swim in it.

性格によって幸・不幸が決まるのではなく、
どう生きたのかという「内容」によって決まっていく。
Our personality doesn't determine
our happiness or unhappiness. 
Rather it is the substance of our lives
and how we've lived that decide our happiness.

その内容を立派にしてくために仏法があり、教育がある。
一切の努力・向上・進歩がある。

それが人生です。
The purpose of Buddhism and education,
as well as all our efforts toward self-improvement and growth,
is to enhance that substance.

This is life is all about.

・・・・・
題目をあげていけば、必ず濁ったものは浄化されます。
全部、幸福の方向へと進んでいきます。
When Buddhists chant Nam-myoho-renge-kyo each day,
one result is that they cleanse their lives of negativity and impurities, 
pushing everything in the direction of happiness.

たとえば、
内向的な人は思慮深さとなって、それが生きる。
せっかちの人は、何でもスピーディーに進める力となって表れる。
For example, 
a person's shyness can be transformed into valuable qualities
such as prudence and discretion,
while someone's impatience might be transformed into a knack
for getting things done quickly and efficiently.

また、川は、蛇行しながら流れ、行き詰まらない。
それが自然です。
性格も努力すれば、蛇行しながらも良くしていけるのです。
だから、
ともかく前へ前へ流れ続けなければいけない。
A river meanders but never stops.
This is the natural way of things.
Similarly, if you make continual efforts,
your personality will improve slowly, steadily.
The key is to keep moving forward and never stop.


だれでも、「完成された性格」などありえない。
万人が一人も残らず、何らかの宿業によって未完成の人間です。
困った性格も当然ある。
No one's personality is flawless. 
We all, without exception, have qualities that
render us less than perfect.
Inevitably, you won't like aspects of your personality.

しかし、
それにとらわれ、自分を嫌ったり、卑下したり、
進歩を自分で妨げるのは愚かです。。
But it is foolish to become obsessed by such things
and succumb to feelings of self-hatred and unworthiness.
You will only hinder your growth...

*****

みなさん、こんにちは。

気候が変わりやすいですので、お身体には十分に気をつけてくださいね。

私の最近はまっているテーマである「流れ」(笑)に関して、今回は青春対話から皆様にご紹介してみました。

なんででしょうね。

最近、流れの話がどうもよく目にとまります。笑。

過去の思い出とかって、録画した映像を自分のいいところで編集してしまえるというか、ある意味、よくできた中身の濃い自分なわけです。

でも実際はずっと生放送中を生きているわけですから、もちろん力のない自分、出来ない自分、薄い自分(笑)、写真のように瞬間瞬間で微笑んだ後の素の自分がいます。

濃い自分に安住せずに、不完全な今の自分を前に前に進ませようとすることが、とても大切なんだと思います。

現在進行形の「今の自分」が常に主役ですから。

本因妙とはそういうことですね。

人生には解決策などない。
あるのはただ、前進してゆく力だけだ。
その力を創造しなければならない。
そうすれば解決策などひとりでに生まれてくる。
サン=テグジュペリ

この根源の”力”を、具体的に持つことが出来ているっていう身の福運を感じています。

・・・・・

ところで、『青春対話』って、いいですよね。

子供に対してだからといって、何か妥協したりすることはない、真剣に向き合って励ましのメッセージを送ってくれています。

だから、心に染みてきます。心が軽くなります。

当時未来部だった私は、この励ましの塊のような本に何度も救われました。

特に多感な時期はこの真剣な言葉がとても響くのです。

今でも大切にしているこの励ましの数々を、さらに英語でも読めることこそ嬉しいものはありませんね。

世界中でこの励ましを読んでいる子供たちがいるって思うだけで心が温かくなります。

では!

心に染みる一言 #37 〔#154〕

火にまみれたわたし
あたしなんて。。


たとえ諸君が、自分で自分をだめだと思っても、
Even if you think you’re hopeless and incapable,

私はそうは思わない。
I know you’re not.

全員が使命の人であることを疑わない。
I have not the slightest doubt that each of you has a mission.



だれが諸君をばかにしようと、
No matter what others may say,

私は諸君を尊敬する。
I will always respect you

諸君を信じる。
and believe in you.



今がどうであれ、
No matter what your present situation is,

すばらしい未来が開けることを私は絶対に確信しています。
 I am absolutely certain that a wonderful future awaits you.



「幸福と平和を創る智慧」
“The Wisdom for Creating Happiness and Peace”


********

どうでしたか?

とても心に染みてくるメッセージなので、皆さんにもご紹介してみました。

先生の言葉は、何だか不軽菩薩と重なっているような気がしますね。


このメッセージは、励ましの中でも究極のところを突いている。

自分に確信をもつことは、なかなか難しいですからね。

法華経にある三車火宅の譬えにもありますが、

家が燃えている中にいる子供たちはその火という、自分自身の苦悩が、いつか自分を滅ぼしてしまうという恐ろしさを知りません。

自分に語り掛ける言葉が、やり場のない怒りだったり不満で満ちていることは、それこそが自分を最も阻んでいるものなんだということには、なかなか気づきにくい。

その苦悩の炎は、自分のところじゃないと思ってしまうからです。

この譬えですが、

最終的に子供たちは、長老の言葉かけで自力で外に飛び出してきましたね。

外に飛び出すのは結局自分なんです。

自分自身の中に、最高の自分がいるんだということ。

先生は、こんな炎に包まれた自分に確信を与え、励ましてくれる。

あとは自分次第なんです。

だってその炎は、他の人でも、ましてや先生でもない。

その炎の主は、結局あなたなのだから。


影が曲がっていることが、自分の体が曲がっているからだと気づく人は少ない。

自分の体に直接働きかけるものに出会えることは、稀です。

心に染みる一言#36_目標がもてない 〔#141〕


”目標がもてない”


*****
『青春対話Ⅰ』P51-52
池田大作
『The Way Of Youth』 p102-103
Daisaku Ikeda
※完全な対訳にはなっておりません。


・・・
それでも、何かやることだ。
Although it is natural to be
unsure about your future,
it's crucial that you try to
accomplish something- anything.

・・・

何かやる。何か始める。
So do something! Start something!

努力を重ねていくうちに、
目標もはっきりしてくる。
As you make consistent efforts,
you will begin to see your goals come into focus.

自分でなければできない
自分の使命もわかってくるものです。
You will discover your mission-
the one only you can fulfill.

・・・

目標のない人は、
目標を立てた人にかなわない。
A person who has firm goals
is way ahead of a person who has none.

目標を立てるということは、
その人自身が建設されていくのです。
Setting goals is the starting point from
which you begin to construct your life.

青春の戦いとは「自分をつくる」戦いです。
Youth is the time to struggle to
develop and shape yourself,

「心を鍛える」
「頭脳を鍛える」
「体を鍛える」
戦いなのです。
an ongoing challenge to train
spiritually, intellectually and physically.

・・・・

何事も土台が必要です。
A solid foundation is
essential in all things.

土台なくしては、どんな家も、どんなビルも建たない。
No building can stand without a foundation.

人生も同じです。
The same is true in life.

その土台を建設するのが青春時代です。
And the time to construct that foundation is
 now, during your youth.

ロマン・ロラン(フランスの作家)
「ピラミッドは頂上から造られはしない」
As the French writer Romain Rolland noted,
"a pyramid cannot be built from the top down."
※『青春対話』と『The Way Of Youth』は表現の仕方が若干違います。ご了承ください。


心に染みる一言#35_自分の剣 〔#138〕

剣を磨く イラスト



”剣とは「強き心」”

*****
  
『青春対話Ⅰ』P72-73
『The Way Of Youth』 P157-158
池田大作

人間には古来、自分自身しか
持っていない「宝の剣」がある。

In the depths of our lives, we each possess a
precious jeweled sword that is uniquely our own.

その剣で悪を切り、善を守る。
正義のために、つねに磨きながら、その剣さえ
持っていければ、一生涯、負けることはない。

必ず勝てる。不思議の剣を
自分自身の中に持っている。

This mighty spiritual sword pierces through
negative forces and defends justice.
As long as we realized that we possess this inner sword
and continuously polish it for the sake of good,
we will never be defeated.
We will win without fail.


その剣は、自分自身の心です。

This jeweled sword is our heart,

決心です。

our determination.

・・・・・

剣は、抜かなければ勝てない。
磨かなければ錆びる。

自分自身の剣を磨かず、抜かない人は、
つねに何かにおびえ、こそこそと
人生を送っていくことになる。

If it is not polished, it will grow dull and weak,
 and if it remains sheathed,
it is useless in battling obstacles,

Those who neither unsheathe nor polish
their inner sword of justice
lead fearful and timid lives.


剣は心。
剣は人格です。

This magnificent sword
is your character.

剣を磨くのは、
勉強であり、友情であり、鍛えです。
 Thus, to polish the sword within means to
study, develop friendships and construct
 a solid self.
※『青春対話』と『The Way Of Youth』は表現の仕方が若干違います。ご了承ください。