創価学会批判

木村花さんのネット中傷者への断罪

☆129万円の支払い要請. 女子プロレスラーがネット中傷が原因で自殺した問題で、このたび その母親が誹謗中傷した相手に裁判を起こし、東京地裁は 「129万円の支払い」を命じる判決を言い渡しました。 以下に、ネットニュースの一部を転記します。 ----------------------------------------- >自殺した後に、被告は「あんたの死でみんな幸せになったよ。 ...

元学会員?の学会批判について

☆愚痴の毒にまみれる人たち. ネットでは、本来接することのできない人々の意見を聞くことができる。 その中に、ときどき「学会批判」を見ることがある。 学会の信心は無意味で、有害だと言っている自称・元学会員たち。 男もいるし女もいる。似た者同士なのか、 同じようなことを繰り返し述べている。 信心して分かったことは「ウソだった」というのが彼らの主張だ。 私のブログでは学会の信心が正しいと主...

今、批判者たちはどうしているのだろう

☆ネット中傷の救済拡充. ネット批判・中傷対策を報道する新聞記事映像を示す。 写真解説「ネット中傷救済・電話番号開示と題される読売新聞記事の写真です」 >インターネット上での匿名の投稿者からの誹謗中傷について、 総務省は被害者が投稿者を特定しやすくするための 制度改正に向けた有識者会議で方向性をまとめた。 被害者が会員制交流サイトなどに電話番号の開示も 求められるようにすることが柱とな...

創価学会批判・告発

☆らくがきヒドイですね. 以下に、シャッターへのスプレーの落書き写真を添付します。 写真解説「歯を見せて笑っている不気味な男、女、子供が描かれている落書きです」 東京の繁華街のシャッターに無残に落書きが描かれていました。 赤い服を着た妖怪のようなキャラクターが中央で不気味に笑っています。 その左右に女と子供が同じように気味悪く笑っている。 このシャッター全体に大きく描かれた落書き、 皆...

月刊誌「新潮45」問題の結末

☆マスゴミの月刊誌. 読売新聞の記事写真を以下に添付します。 月刊誌「新潮45」がTVで騒がれていたが、読売新聞は次のように報道した。 >月刊誌「新潮45」休刊. 社長と担当役員減俸. 新潮社は9月25日、性的少数者(LGBT)の考論で批判を浴びていた月刊誌「新潮45」を、18日に発売された10月号を最後に休刊すると発表した。 同誌は、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員のLGBTの...

師弟不二は創価学会の造語ではない

☆日寛上人文段集にあり. 以下に、日寛上人文段集の書籍写真2枚を添付します。 写真解説「鶯色の表装の書籍写真と師弟不二の書籍内の記述の写真です」 インターネットはフェイクニュースが沢山見受けられます。 ネットは子供でも情報発信できるので、鵜のみにしないことです。 先日、読者の方から「師弟不二は池田先生が作られた言葉でしょうか」と問われました。 私は「日蓮正宗で古来から使用されている」と...

学会中傷のグループがネットを悪用

☆創価新報の記事から. 創価新報(5月2日)の記事を以下に抜粋する。 (報道は実名であるが当記事ではイニシャルとする) 最近、学会を除名になった人物が様々に連携し、 インターネットを悪用して学会のかく乱を図るなど、躍起になっている。 個々についていえば取るに足らない輩ですが、 正体を知らなかったばかりに騙されてしまう会員が出ないよう、 ネットや一部マスコミによる影響の広がりも考慮し...