「反日蓮正宗系カルト」活動家は日蓮正宗内部を徹底研究すべき

日蓮正宗の非民主的法主専政の根源にあるロシア、韓国型大統領制に似た宗制宗規の体制

□宗会、参議会、監正会等が全く関与・介在していない日蓮正宗管長、総監、宗務院役員人事

 

20171214日付けを以て、日蓮正宗宗務院役員が任期満了となり、翌1215日付けをもって新たに日蓮正宗宗務院の宗務総監及び各部部長、副部長が大石寺68世早瀬日如法主(日蓮正宗管長・代表役員)から、主任、書記が八木日照総監から任命された。

日蓮正宗の宗制宗規によれば、総監の任期は3年であり、宗務院各部部長、副部長、主任、書記の任期は、総監の任期による。よって総監が任期途中で辞任すると、宗務院各部部長、副部長、主任、書記も一旦、辞任する。そして新しい総監が大石寺法主(管長・代表役員)から任命されると、新たに宗務院各部部長、副部長、主任、書記が任命になる。

近年は、大石寺法主(管長・代表役員)の代替わりによって、総監が次代の法主に登座するということがつづいており---大石寺65世日淳→細井日達総監が66世法主に登座、大石寺66世日達→阿部日顕総監が67世法主に登座、大石寺67世日顕→早瀬日如総監が68世法主に登座---

法主の代替わりにより、総監、宗務院各部部長、副部長、主任、書記も交代している。

今回の総監の任期は、20051215日、大石寺68世早瀬日如法主(日蓮正宗管長・代表役員)の登座に始まるもので、20171214日で3年の任期が4期満了。今回が5期目に入る。

前回の4期目では、斎藤栄順庶務部長が途中辞任し、秋元日高渉外部長が庶務部長に横滑りし、梅屋誠岳渉外部副部長が渉外部長に昇格。長倉日延財務部長の死去により、森田厚道財務部副部長が財務部長に昇格した。

今回の5期目発足では、総監、宗務院各部部長、副部長は全員再任。主任、書記もほとんどが再任されているが、一部、顔ぶれが変わっている。国島道保渉外部主任が庶務部主任に横滑り。野中信栄書記が教学部主任に昇格している。

さて再任された宗務役員の顔ぶれに一言、解説を付け加えたい。

八木日照総監とは、藤本日潤重役の実弟であり、若かりしころ、八木直道氏の養子になった。よって姓が兄弟で違っている。又、八木日照氏は、大石寺67世阿部日顕(前法主)の一番弟子。よく阿部日顕法主の弟子として、長男の阿部信彰布教部長が話題に出るが、八木日照氏のほうが阿部信彰氏よりも年長で、法臈も長い。漆畑行雄海外部長は、1945年生まれで、日蓮正宗本山・富士山妙蓮寺44代・漆畑日広貫首の長男。富士妙蓮寺と末寺6ヶ寺が日蓮正宗に合同したのが1950(昭和25)12月だから、漆畑行雄氏が生誕した時は、富士妙蓮寺は、日蓮正宗の寺院ではなかった。日蓮正宗宗務役員としては、珍しく大石寺直系門流ではない、傍系の他門流出身である。漆畑行雄氏は、次期法主候補の一人であるが、仮にこの人が大石寺法主に登座することになれば、江戸時代初期に京都要法寺門流出身の8人の法主、昭和初期のころ、宗務総監から法主に登座した、讃岐本門寺門流出身の大石寺63世秋山日満法主以来の傍系の他門流出身の法主誕生ということになる。

再任された渉外部主任・平野道益氏は、近隣住民の反対運動を押し切って日蓮正宗が建立した千葉県松戸市妙広寺の住職である

 

 

続きを読む