2018年 1月 の投稿一覧

日興は四老僧と敵対していない。

f:id:watabeshinjun:20180123205011j:plain

f:id:watabeshinjun:20180123205030j:plain





いつもみなさん、ありがとうございます。
さて私は以前、このブログにおいて、日興の身延離山について、それが大石寺系教団の言う「五一の相対」というものではなく、むしろ身延の民部日向と対立していたのは「日昭・日朗・日興・日頂・日持」の五人で、日興は他の四老僧と決して対立しているわけではないことを述べました。


「『五一の相対』を考える」


加えて今回引用する文献は日朗の『身延離出書』です。
画像を載せましたが、上の二枚の画像は日蓮宗宗学全書のホームページ上でも公開されています。


上記の『身延離出書』は「コマ番号」で「29」から「30」を検索するとみることができます)


この中で六老僧の日朗は何と書いてあるかを簡単に引用します。


久遠寺の大檀那波木井殿に三つの謗法之れ有るに依って、日昭、日朗、日興、日頂、日持の五人は同心に山を出ずること一定なり」


「彼の波木井の謗法隠れ無きに、五人は同心に、彼の山を離出するところに、彼の日向は日蓮の御弘通の本意を背き、大謗法の波木井殿の施を受けて、彼の山に留まり給ふ事、師敵対なり。日向は禅念仏の宗旨にも劣れり。日蓮聖人は師子身中の虫を以て喩へば、我が弟子等の中にも邪義を云ひ出して、日蓮が弘通の本意を云ひ失ふ者あるべしと書かれたるは日向一人に定まれり。是れ師敵対なれば、堕地獄は一定せり。末代支証の為めに、之れを註し畢んぬ。」
(日朗『身延離出書』)




ここで日朗は日興のみならず、日頂、日昭、日持らの四人とともに、日向のいる身延から離山するのみならず、民部日向を明確に「師敵対」として「堕地獄は一定せり」としています。


この『身延離出書』が例え仮に日朗の手によるものではなく、後世の偽作であったとしても、少なくとも日朗門流もまた、日興その他の三老僧と同様に、身延の民部日向を日蓮への師敵対と考えていたことがわかるかと思います。


加えてここでは「日昭、日朗、日興、日頂、日持の五人は同心に山を出ずること一定なり」と述べているように、日興は他の四老僧となんら敵対関係にないことがわかるかと思います。















Gisell & Kaila 親子の物語 〔#137〕

ギゼルとケイラの体験談
ギゼルとケイラの体験談
みなさん、こんにちは。

何度か皆さんにご紹介していますが、

アメリカSGIの「youtubeチャンネル」に掲載されている体験談シリーズの中で

今回は、ギゼルとケイラの親子の体験談をご紹介します。

過去のシリーズ:Michele Jooさん/Naimaさん

16歳で妊娠し、出産した母ギゼルと娘ケイラへのインタビューとなっています。

ちょっと長いのですが、とても素晴らしい体験談ですのでご紹介したく、頑張って訳してみました(笑)。

実はギゼルの英語がちょっと分かりにくくて(笑)、聞き取れなかった箇所がいくつかありますが、全体的に何を言っているのかわかる程度には訳していますので、細かい点はお許しください。


Gisell&Kaila - Buddhist in America



Kaila(daugter): What was I like growing up in a buddhist family...
ケイラ(娘):仏教徒の家族で育つってどんな感じかというと・・

 【朝の様子と勤行のシーン】
Gisell : I had a really good relationship with my parents. I followed my mother everywhere she was go like go to bed, to bathroom everywhere I was literally she was call me her “tail”. My father is the more quiet type but he shows his love by providing for his family.

ギゼル:両親とはとても仲がよく、母親の後ろを寝室に行くにもトイレに行くにも、どこにでもついていくので、文字通り母からは”しっぽ”と呼ばれていました。父はとても物静かなタイプで、家族を養うということで父の愛情を受けていました。

Gisell :I have oldest sister Suzan, we used to fight a lot so much that my mom used to tell us everywhere we were brothers not sisters and I have a little sister Erica who is 8 years
younger than me.

ギゼル:私にはスーザンという姉がいて、いつもケンカばかりしているので、母は姉妹ではなくて男兄弟のようだと言っていました。また、エリカという8歳下の妹がいます。

Gisell :My family encountered Nan-Myo-Ho-Ren-Ge-Kyo in Peru. Someone told my grandfather that if you chant will be happy, so he came home oneday and told the whole family, “From now on we're going to be chanting Nan-Myo-Ho-Ren-Ge-Kyo.” 

ギゼル:私の家族が南無妙法蓮華経に出会ったのはペルーにいた時です。祖父が題目をあげれば幸せになれるよと言われたのです。彼が家に帰ってきて、家族全員に「今から私たちは南無妙法蓮華経と唱えることにする」と言ったのです。


Gisell :My mom was nine years old at the time and every time she heard my grandfather chanting and she said she was just crack up and we moved to the United States when I was about ten months old and we moved straight to Jersey and ever since I've been a Jersey girl.
ギゼル:母はその時9歳で、祖父が題目を唱えるのを聞くたびに大笑いしてたそうです。そして私が生後10ケ月の時に、家族でアメリカのニュージャージ州に移住しました。それからずっとジャージーガール(ニュージャージーの女の子)です。


Gisell :My family we used to struggle a lot financially but we really never felt the blow off it, There was always love in the house and we never you know felt that we were missing anything I think the love came everything I would say for my mother's Buddhist practice  from her chanting Nan-Myo-Ho-Ren-Ge-Kyo.
ギゼル:一家は経済的に苦労をしましたが、いがみ合ったりすることは決してなく、いつも家の中には愛があり、何かが足りないと思うことはありませんでした。おそらくこの愛というのは、南無妙法蓮華経と唱える母の信心からくるものだったといえるでしょう。

Kaila:I think I would say I was a little embarrassed being Buddhist just because it was so different and my friends had no idea what was going on whenever they were over my house and they would hear a bell they were just feeling got a gong in your house and I really no no it's nothing but I think in middle schools when I started really trying out this practice for myself I don't know if I said this, I started chanting because of a boy
ケイラ:仏教徒だということは他の子と違うのでちょっと恥ずかしくて、友達が家に来ると何なのかよくわからないので、鐘の音が聞こえたりすると、ゴングが家にあるのかと思われたりするので、いやいや、何でもないのよって言ったり。でも中学生になってから自分でちゃんとやってみようと思って、こんなこと言っていいのかわからないけど、題目を唱えるようになったのは男の子の事でなんです。(笑)

Kaila:He liked the other girl who was actually my friends and I would compare myself a lot to her and so I just really chanted to be confident and try to be myself and be the best that I can be not compare myself to other people and I think that's when I started really becoming happy and really seeing the power of this practice.
ケイラ:彼は他の女の子のことが好きで、その女の子は私の友達でもあって、その子と自分のいろんなところを比べてしまうのです。だから自信が持てるようにって、他の人と比べるんじゃなくて、ベストの自分になれるようにって題目をあげるようにしたんです。これが本当に幸せになるもので、この信心に力があるんだということがわかるようになりました。


ギゼルの写真
ギゼル

Gisell :When I was a kid I just wanted to be everything I wanted to be a teacher, I love fashion, I love to dance, I listen to everything my parents said. When I was in eighth grade that was a time when I met Kayla's father. He was said jump and I said how high and the type of crowd that he used to hang out with used to drink all the time and they will skip school I was skipped school I just started wanting to have fun and come home really late and night, everything just kind of fell apart from that time. I just stopped chanting and just stopped chanting as a chore. I didn't want to do a chore. I went from being a straight-a student to just barely passing.
ギゼル:子供の頃は、いろんなものになりたいと思っていました。先生になりたかったし、ファッションも好きだし、ダンスも好き。そして両親の言うことをよく聞く子でした。8年生(中学2年)の時に、ケイラの父親となる人と出会いました。私は彼の言うことに従い、彼はいつでも飲んだくれているような仲間と一緒にいるような人だったので、彼らが学校をさぼるなら、私もさぼり、次第に楽しいと思うことをするようになり、家に夜遅く帰ってきたり、その時から全てが崩れてきだしたのです。唱題をするのをやめたのです。唱題は面倒なもので、面倒なものはしたくなかったからです。ストレートA(成績優秀)の生徒からからかろうじて落第しないというような生徒になっていったんです。


Gisell :Once I got left back from freshman year I just lost hope I felt like I couldn't redeem
myself I told my mother I wanted to drop out of school I told her no matter what you say I'm not going to go so we had a meet with my guidance counselor at the time and he said if you quit now in one month you'll be pregnant.
ギゼル:中学3年生の年には、ついていけずに目の前が真っ暗になり、取り戻すことなんて出来ないと感じて、母に退学したいという旨を話し、何を言われようと学校には行く気はないと伝えました。そして進路指導のカウンセラーと懇談した際に、そのカウンセラーから、今辞めたら、一カ月以内にあなたは妊娠するでしょうと言われたのです。
Gisell :But not me I was like l how can you think of that was me and he was right, I was
pregnant in one month later.

ギゼル:そんなのあり得ない、何で私がそうなるのと思ったのですが、カウンセラーの言ったことは正しかったのです。私は一か月後に妊娠しました。

Gisell :So things at home just got rough in a sense that my parents were very very angry so I kind of just stopped talking to them much. I didn't want my parents in in the hospital when she was born it was one play I was like screaming out of pain of labor and as soon as they came in like I shut up and I held it in just to let them know I'm okay and then I told them they can leave I just didn't want them seen me going through that. I saw already there were ashamed of me having her so I just felt like kind of I let them down. Especially because they didn't want to tell people that I was pregnant it just made me harder it was just um just feeling shameful, sucks I just feel shameful

ギゼル:家ではある意味とても辛く、両親は非常に怒っていましたので話をしなくなりました。娘を産むときにも、両親には病院に来てほしくありませんでした。私は陣痛の痛みで泣き叫んでいたのですが、両親が来たときにはぐっと押し黙り、私は大丈夫であるかのようにみせ、帰ってもいいよと伝えたのです。私の、自分に起きている苦しみを両親に見せたくなかったのです。妊娠した時から私を恥じ、失望させているように感じていて、私の妊娠を誰にも話そうとしなかったことが、余計につらく感じていたのです。私はただただ恥かしく思っていました。

Gisell :when I first held Kaila I was really confused though like everything just happened so fast I don't know how I was going to be able to do it all

ギゼル:ケイラが産まれてからは、ドタバタであっという間に過ぎ、どうやってやったのかわかりません。


Gisell :the first years maybe just getting used to parenthood and not sleeping but things s
tarted getting a little rough with her father. When Kayla was 1 years old he started using drugs. At that point so first it was just be verbal abuse and then there would be physical abuse it just wasn't it wasn't good

ギゼル:最初の一年は寝れないなど、親になることに慣れていくという感じでした。しかし、次第にケイラの父親とこじれてきました。ケイラが1歳になった時、彼はドラッグを使用するようになっていったのです。その時は最初は言葉の暴力だけでしたが、そのうち身体的に虐待を受けるようになっていったのです。


Gisell :One night that it was a Friday and it was really the first time I chanted to my own Gohonzon. I just chanted that I wanted to transform my life and I wanted to become happy. I didn't want to be another statistic but drop out, single mom, crazy baby daddy, I was just chanting just to have a happy family.

ギゼル:金曜日のある夜に、初めて自分の持っている御本尊に向かってお題目をあげました。題目をひたすらあげたのは、自分の人生を変えていきたいということ、そして幸せになりたいということでした。落ちこぼれのシングルマザーで、子供の父親がクレイジーである、このような人にありがちな人生を送りたくなかったのです。私はただ幸せな家庭を持ちたくてお題目を唱えていたのです。


Gisell : I just want something to change SO bad I just I was desperate. But even though I was chanting for harmonious  family what kind of crazy happens is he told me he was unfaithful so I got so pissed that I ended up like breaking up with him and I moved back home to my parents

ギゼル:ただ何かを本当に変えたくて、懸命だったのです。しかし、どんなに私が一家和楽を祈っても、彼が浮気をしたりというようなことが起きたので、彼とは別れる決心をし、両親の家に戻りました。


Gisell :I had take my life back into my hands I continued my Buddhist practice and I was able to get my GED I started having a steady job and a little bit a little bit I just started becoming closer to my family especially to my parents

ギゼル:再び人生をこの手に戻したいと思ったのです。引き続きこの信心を続け、GED(高校の学位)を取り、安定した仕事を手にしました。少しずつですが、家族とも特に両親とも親密になっていきました。


Gisell :All of my best friends are members of the Soka Gakkai there were the people that you know no matter what I was going through I called and like always encouraged me to not give up on myself and I feel that's really what good and true friend is.

ギゼル:親友はみな創価学会のメンバーで、私がどんなことがあっても諦めないようにいつも励ましてくれたり、これが本当の善き友なんだと思うのです。


Kaila:I think it was difficult not having my dad around also because I did grow up with him for a little bit of my childhood so not being able to see him like oh I don’t wanna cry..

ケイラ:父が身近にいないというは小さい時にちょっと一緒に過ごしてきたのもあるので辛いことで、会えなくなるってことを考えると・・・泣きたくはないのですが・・


Kaila:I do think about him every day and I chant for him and I hope he's doing well but because I had such a big family like they never made me feel like I was alone I just I really love with my family and they're so funny too like we always crack jokes at home and everything I like I really love my family.

ケイラ:いつも父のことを考え、父が無事でいることを祈っています。ですが、私は大家族のような中でさみしい気持ちになることはありません。家族と一緒にいることが大好きで、家でいつも冗談をいったりしていて、本当に家族のことが大好きなんです。


Gisell :Kaila is an old soul very funny her soul has a strong character and sometimes more
mature than I am she's very grounded very caring mature responsible young lady I feel like we actually we kind of grew up together like she helped me become a good mom and
at the same time I try to help her become like a good person like I feel like I have a role dog

ギゼル:ケイラはとてもしっかりしているし、面白いし、個性が強くて、私より大人だったりすることもあり、思いやりのあって、責任感もある女性で、私たちは一緒に成長してきたんだと思うのです。娘は私がよき母になるようにしてくれて、同じように娘が善き人になるようにして、いつも一緒にいる親友のような感じなのです。

Gisell :I always loved dancing since I was young girl will be like family party and I was just dancing Spanish music so I decided to start taking a salsa class about six years ago and I never stopped. 

ギゼル:ダンスをするのが大好きで、小さいころから家族が開くパーティーなどでスパニッシュ音楽でダンスをしていました。6年前にサルサのクラスを受講しようと決め、そこからずっとやっています。


Gisell :I never wanted to do anything on my own so actually me going to the starting salsa class and by myself was a big step my god it just a part of me like honestly it's a part of me I feel that anything is possible like just because I'm a mother it doesn't mean I can’t do everything that I love.

ギゼル:自分で何かをしたいと思ったことが無かったので、サルサのクラスを受けはじめたのは、私にとってはとても大きな一歩だったんです。サルサは本当に自分の一部のように思っています。どんなこともやれるんだって、母親だからっていって自分の好きなことができないわけではないんです。


Gisell :Nan-Myo-Ho-Ren-Ge-Kyo means punch my obstacles and faith, it means, to really just to be me, to believe in me, to be myself ,to believe in myself to be true to yourself

ギゼル:南無妙法蓮華経というのは自分を妨げるものや信心にパンチするようなもので(笑)、つまり私らしく、私を信じて、私自身が、自分らしくいる自分を信じるってことだと思うのです。


Kaila:I know what it makes me feel like it makes chanting nam-myoho-renge-kyo makes me feel confident and in control of my life and really allows me to grow like as a person and every time I'm feeling overwhelmed or sad like I always have Gohonzon to go to.
ケイラ:南無妙法蓮華経と唱えることで、自信を持つことができたり、自分の人生をコントロールできて、人として成長させてくれるもので、いっぱいいっぱいになった時や、へこんだ時はいつでも御本尊に向かうのです。

Gisell :she's off to college next year when I think about it excuse me just view away from her but she chant nan-myo-ho-ren-ge-kyo, so I know she's going to be absolutely fine

ギゼル:娘は来年カレッジに行きます。離れたところで見守るようになりますが、彼女にはこの信心(南無妙法蓮華経を唱えること)があるので、絶対に大丈夫だと思うのです。
16歳の自分に何を伝える?
16歳の自分に何を伝えますか?

(What would you say to your 16-year-old self?)
16歳の自分には何を伝えますか?
Gisell :I would say don't give up. I was saying don't be ashamed of yourself…I think that's part of what I would say for myself

ギゼル:諦めてはだめよ。。自分を恥ないでって。。そんなことを言うと思います。



(Kaila gave a little message for you)
ケイラからメッセージがあります。



娘からのメッセージ
娘からのメッセージ

Gisell :Okay
ギゼル:わかりました。

-You ready?
ー準備はいいですか?

Gisell :I ready.
ギゼル:はい。
Kaila:Hi Mom, I just want to say that I never knew how much you were struggling when I was growing up with dad and everything and I just wanted to say thank you for always being strong and always being there for me and doing things like taking me out for ice cream and just trying to make me laugh and make me happy even though it was a really difficult time that we were going through. I'm really admire like how much you have change and how you're chasing your dream of becoming a salsa dancer or how you are so dedicated to pursuing your passion I really admire that a lot and I really like the relationship we have now I could be so open with you and you're always so understanding and compassionate and just thank you for being an amazing mom and you are always supporting me I just I want to make you really proud of me...

ケイラ:ママへ。今までパパの事だったりどれだけ苦労してきたのか知らなかった。いつも力強くて、いつもそばにいてくれて、アイスクリームを食べに連れていってくれたり、私を笑わせたり、どんなに辛い時もハッピーにさせてくれてありがとう。ママが変えてきたことや、サルサダンサーの夢を追い続けていることなど、とてもすごいなと思っています。本当にすごいなと思うことが多くて、この今の関係がとても好きです。ママには何でもオープンにできて、いつも理解を示してくれて、思いやりがあるから。最高のママでいてくれて、いつも支えてくれてありがとう。本当に誇りに思っています。


Kaila:I just I want to make you proud and I'm just very grateful, for you. thank you.
ケイラ:本当に誇りに思っていますし、感謝しています。ありがとう。

Gisell :I'm ..so fortunate if I could ask for anything in the world I think I have her. thank you

ギゼル:私は・・とても幸せ者です。もし何でも求められるとしたら、娘と言うでしょう。ありがとうございました。

矛盾を受け止めること。





いつもみなさん、ありがとうございます。
さて私はこのブログ中で、大石寺系、創価学会系の教義の矛盾点について幾度となく指摘しています。


多くの大石寺系信徒の方がそれらの矛盾を指摘されると、貝のように黙ってしまうか、感情的に反発されるか、どちらかが多いように経験上感じています。


ところで一部ですが、私の指摘する矛盾についてもきちんと認め、その矛盾の克服を自身の今後の課題として受け止める方がいらっしゃいます。私はそういう方々を積極的に評価したいと考えています。


私自身もそうですが、Twitterやメール等でいろんな形で私自身の考えについて文献的な考証やご意見を言われることもあり、その度に私は自身の思考を更新しています。
それは私自身が「言い負かされた」わけではなくて(笑)、単に私自身が特定の主義や主張に全く執着していないということを意味します。
私は何かの思想や協議への執着のために、またそれらの自己防衛のために教学を学んでいるわけではないのですから。


つまり自身の思想に文献的に、また思想的になんらかの矛盾が存在するのなら、それは積極的に受け止めることが誠意ある信仰者の態度であろうと思うんですね。
むろん自身の思想には、とりわけ信仰の部分には今まで信じてきた部分のドグマも存在しますから、おいそれと今まで信じてきたことを全否定することは難しいかもしれませんよね。


ですから、それらについては、人によって理解の差があっても、また理解の速度の違いがあってもよいのではないかと思うんですね。
今すぐそうは思えないけど、今後の自分の思索のためにも「考えてみたい」と思うことは誠意ある態度であると思います。



私が忌み嫌うのは、自分が自身の矛盾点について認めようともせず、自らが信じてきたドグマをなんら検証もなく絶対と信じて、無前提にそれが「正しい」と無言のうちに強要するような、そんな原理主義的な態度の方なのです。


多くの創価学会員、また大石寺系の教義で思想が糊塗された人たちの多くが、このことを受け入れられないのだと思います。
私も時間がかかったことです。けれど少しずつ自分の思想を変えてきたことは本当のことです。


自らが信じてきたことの誤り、矛盾点、文献的な根拠の薄弱さ、そういった点について指摘された時に、それを勇気をもって受け入れ、自身の思想を更新することを躊躇わないことこそ、真に評価されるべき信仰者の態度であると私は考えます。
それが出来ず、それらの矛盾について真摯に自己を見つめることも出来ず、徒らに他者を非難することしかできない態度は、返って自身の思索が浅薄で未だ稚拙なことを暴露しているに等しいのだと(過去の自分への自戒も込めて)思っています。







第四代会長・北条浩氏について

 創価学会の会則では、初代から第三代までの会長を「永遠の師匠」と定義しているが、
このうち存命中なのは第三代会長の池田大作のみであり、創価学会員たるもの、池田を疑
うことなく信じ、その指導を実践すべきだとされている。

 弟子はどこまでも師に忠実であるべきとするこの教義は、「師弟不二」という言葉で表
現され、信仰の中核に位置づけられている。

 その「師弟不二」を文字通り実践し、そのために池田大作の犠牲になった人物として、
多くの造反者が挙げるのが、第四代会長・北条浩氏である。

 北条浩氏は、戦国大名として知られる北条氏の末裔であり、旧華族出身という創価学会
では珍しい、正真正銘の貴種である。先祖代々、日蓮正宗の門徒であったことが、学会に
入ったきっかけらしい。

 北条氏は、池田が日蓮正宗との抗争に敗れて名誉会長に退いた際に、第四代会長に就任
した。この時、北条氏らの新執行部は「池田先生を永遠に師匠と仰ぎます」との誓約書を
池田に提出させられたという。

 北条氏は、温厚篤実な人柄で知られ人望があったが、池田に対しては絶対に服従してき
たことから、傀儡としてうってつけだったのだろう。北条氏の人柄について、元副会長の
福島源次郎氏はこう述べている。


>  この北条さん程「先生」に真心で仕え忠誠を尽くした人を知りません。清廉の人・
> 私心のない人・誠実な人格者でした。熱血の人であり、「先生」を守るという一点に
> 全てを賭け、泥をかぶって「先生」に献身した人です。私達は、弟子の鏡として尊敬
> してきました。
 (福島源次郎著『蘇生への選択』より引用)


 北条氏は、具体的にはどのような形で「泥をかぶって」池田に献身したのだろうか。そ
の一端をうかがわせる記事を、以下に引用する。


> 「東京・小平市に住む古くからの学会員の娘さんが、池田さんに妊娠させられたとい
> うんです。で、学会から北条さん(現会長)が二百万円持って謝りに来た。親が怒っ
> たところ三百万円上積みして、示談にして堕ろしたらしい。去年の春だっていうんで
> す。
>  立川の文化会館の三階には会長専用の部屋があって、一昨年十一月ごろから一カ月
> そこに閉じこもったことがある。実は、問題の娘さんは創価高校の二年生でグレてい
> た。で、池田センセイが〝その娘を会館によこしなさい、意見して直してあげるから〟
> といったので、両親はありがたく娘さんを会館にやった。
>  以後一カ月、娘さんは会館から通学した。その間の出来事だろう、というんですね」
>  三代目の正々堂々とした釈明がされるまで、この手の話が全国に広がるのもやむを
> えまい。いわれていることが全部本当だとしたら、三代目の〝福運〟があまねく全国
> に行きわたっていることの証明にもなろうか。
 (「週刊新潮」1980年6月19日号)


 創価学園の創立者として、学園の生徒の一人である不良少女を立ち直らせようとの池田
センセイのご指導が、如何に「福運」に満ちたものだったかを窺わせる話である。

 北条氏は創価学会のナンバー2ではあったものの、実際にやらされていた実務の中には、
こうした池田がしでかした不祥事の尻拭いも相当に含まれていたのである(その他にも共
産党へのスパイ行為や、日蓮正宗に対する謀略にも関わっていた。これらについては、別
の機会に論じたい)。

 その他にも北条氏は、池田大作への忠誠心のお手本を、一般会員に示す役割を担わされ
ていた。

 ある時、池田は自分が食べ残したうどんに、真っ赤になるくらいの唐辛子を振りかけて、
それを他の学会員の前で北条氏に食べさせた。北条氏は汗だくになりながらも、「おいし
いですね」とそれを平らげた。

 創価学会の元教学部長・原島嵩氏によると、それを見たある学会員は「何とうるわしい
師弟愛だろうか、真実の弟子はかくあらねばならぬ」と、のたまったという(『誰も書か
なかった池田大作・創価学会の真実』による)。

 私には、パワハラとか、気色悪いとしか言いようがないが……。しかもこのようなこと
は、一度だけではなかった。別の時には、食べ残したカレーに大量のコショウを振りかけ
たものを食わされたこともあったという。

 さて、池田の食べ残しを何度も食わされ、「福運」とやらをたっぷりとつけていただい
た北条氏がどうなったかというと、会長任期半ば、58歳の若さにして急死してしまったの
である。死因は心筋梗塞だった。

 次から次へと騒動をひき起こす池田大作の後始末に奔走し続け、心労が重なった挙げ句
の死だったのだろう。
 北条氏の葬儀での池田の言動を、元公明党都議・龍年光氏は次のように述べている。


>  昭和五十四年、池田の本尊模刻問題が発覚、細井日達上人の叱責を受け、破門寸前
> のところで名誉会長に退いた後、会長に立てられた北条浩は、池田に尽くし、池田の
> 悪行の尻拭いに追いまくられていた。遂に、疲労のあまりと思うが、昭和五十六年七
> 月に五十八歳で死んだ。非常に頑健な体質で、ご両親も長命だったのに……。池田の
> 最大の犠牲者だと、私は思う。
>  池袋の戸田講堂で学会葬が行なわれ、北条の徳を慕って、大勢の幹部が集まった。
>  ところが、池田はその大恩人の葬儀に遅れて来、入ってきたと思ったらいきなりマ
> イクを握り、歩きながら大声で、「暑いなぁ、暑いなぁ。こんな暑い時に死ぬのはや
> めようよ」といった。これには、みんな本当にア然としたものだ。
 (龍年光著『池田創価学会を解散させよ』より引用)


 この池田大作の没義道なふるまいについては、龍氏のみならず、多くの脱会者が非難し
ている。また、その後の遺族への仕打ちを、元公明党都議・藤原行正氏は次のように述べ
ている。


>  ところが、池田大作はその北条さんが亡くなると、その通夜と本葬で集まった一億
> 五千万円の香典、東京の戸田記念講堂で行われた本部葬、ならびに全国の会館で併行
> された葬儀で集まった約二十億円の香典のほとんどを遺族の手に渡さず、学会本部の
> 金庫へ入れた。
>  それだけではない。一家の柱を失った遺族は長年住み慣れた聖教新聞社前の和風二
> 階建ての家から即刻立ち退きを命じられた。池田大作がそう命じたのである。北条未
> 亡人はやむなく遺産をはたいて都心から離れた狭い一軒家に移り住んだ。その後、旧
> 北条宅は一億円をかけて改築され、池田名誉会長の専用施設になっている。
 (藤原行正著『池田大作の素顔』より引用)


 創価学会で信心に励み、池田センセイとの「師弟不二」を実践し、池田から「福運」と
やらを存分につけてもらった北条氏にして、その末路はこんなものなのだ。

 創価学会で「福運」を享受しているのは、池田大作と、そのおこぼれにあずかる一部の
職業幹部だけではないのだろうか。北条氏の生涯は、まともな人生を送りたいなら、こん
なカルトとは関わるべきではない、という教訓を示唆しているように思える。

狂信的な法華講と静かな法華講。





いつもみなさん、ありがとうございます。





さて私はブログの内容もあり、最近は大石寺の狂信的な法華講さんからいろいろ議論をふっかけられることも増えてきました。
で、だいたい私は文献的な考証から矛盾点を指摘するのですが、狂信的な方はそれらの矛盾さえも決して認めようとせず、のらりくらりと話をはぐらかして、人格攻撃に終始したりします。


で、私のツイートを見て誤解されないよう書いておきたいのですが、実は本来の大石寺法華講さんのほとんどはとても温和で、他宗に対してさして敵意を持たれているような方ではありません(直接メール等で私が話した印象です)。ところが、一部狂信的で他宗批判に明け暮れる方がいて、そのイメージが先行してしまうんですね。


創価学会の非難中傷に明け暮れる妙観講さんとか一部の法華講さんは、所詮大石寺を口汚く罵っている創価学会の一部幹部とやってることが同じなんですね(笑)。それに対して現場の多くの法華講さんは何も言わずに醒めた目で見ています。


その証拠に、私にたくさんの激励のメールやツイッター、DM等を頂くのは、法華講さんの方も多いです。


以下に紹介してみます。



Twitterのツイートに感心しました」

「まさにそうです。一部の過激な方が目立つからそのイメージが先行してしまっています」

「確かに法華講は一枚岩でありません」

法華講に謗法がないわけでもありません」

「自分が所属している教団が、こんなに非常識なのかと嫌になります」

「本山に近ければ尚更で、他宗の僧侶の知り合いとか普通にいます」

創価を嫌悪しているのにやってることが創価そっくり

「世間知らずな講員には辟易します」

「酷い悪口でツイートで見るのも嫌です」

「高飛車な言い方で、人を見下してます」

創価新報をもっと陳腐にした感じです」

「学会が元凶だというカルトじみたやり方には賛同できません」

「被害者がまた被害者を作るやり方は頂けません」

「罰や功徳論に振り回される講員を見ていると疑問に思います」

妙観講は大百法も読まず、暁鐘出版の本ばかり読んで皆から引かれています」



彼らとメール等で話をさせていただくうちに、サイレントマジョリティとしての法華講員さんが多く大石寺内部に存在することはなんとなくわかってきました。
多くの方はたまに御開扉を受けに本山行ったりする程度で、それ以上の活動をしない人も多くいます。御講さえも「おもしろくない」と言われる方がいることはなかなか興味深かったです。


私はこのブログで、大石寺の教義を批判しますが、物事の理解には個人差があってもよいと思っています。矛盾を見つめても、それでもなかなか自分のやってきた信仰を根幹から否定することはすぐにできないことでしょう。
そういった方たちと話す時、私は基本ご自身の考えにお任せすることにしています。
矛盾がある、けれど今すぐにこの御本尊を捨てられない、そういう人がいれば、それはそのままでもよいかと思います。矛盾の克服はその方の個人の課題かと思いますし。


宗教にはどこかに非合理性が存在します。
大切なことは自分のやってことがどこまで非合理的で非理性的なのかという自覚を持つことであり、それらの非理性的なものに対して他者の批判に耳を閉ざすことなく、自分とも他者とも誠実に向き合う、その姿勢の方なのではないかと私は考えています。







『富士一跡門徒存知事』について。





いつもみなさん、ありがとうございます。
さて今回は『富士一跡門徒存知事』についてです。



創価学会大石寺は『富士一跡門徒存知事』について、これを日興の著作として考えています。
ところが創価学会版が出典・底本としたのは堀日亨の『富士宗学要集』第1巻相伝部からで、実はこの著作に日興の真蹟は存在しません。また古写本も存在していません。
重須本門寺の日誉の写本が現存しますが、これは日蓮滅後240年に書かれたものであり、しかも書写をしているのは大石寺の僧侶でさえなく北山本門寺の僧侶です。


そんなわけで『富士一跡門徒存知事』は後世の日興門流に伝わる文書であり、これを日興真蹟とするのは私には躊躇されるところです。


ところで、この『富士一跡門徒存知事』を日興の著作として一定の評価をされる方の一人に宮田幸一氏がいます。
宮田幸一氏はいくつかの論拠を示していますが、その中の一つは高橋粛道氏の論考から日道『三師御伝土台』中に見える「十七条の御遺告」が『富士一跡門徒存知事』の条文と一致するのか検証をしているところです。



確かに条文を整理すると、17の条目に分けることができますが、問題となるのは追加の8カ条が添加されていることと、そしてこの追加8カ条中に「天目」に関する記述が見えることなんですね。
そもそも高橋粛道氏、宮田幸一氏、堀日亨氏らでこの条文の立て分け方がすでに異なっていますので、これが果たして本当に『御伝土台』の17条の御遺告と一致するのかという疑問もありますし、そもそも『御伝土台』における「十七条」の記述から『富士一跡門徒存知事』が後世に創作された可能性も決して否定できないと思うんですね。


また「十七条の御遺告をもって天目を難破する」と『御伝土台』では述べられていますが、そもそも天目に関する記述はこの前半17条には存在せず、後記の付加部分8カ条に出てくるのみです。


思うに『富士一跡門徒存知事』は日興門流によって後世に作られた文書であって、その中には日興の思想を伝えるものもあるのかもしれませんが、この文書の内容はきちんと他の真蹟と対照して読まれるべきものかと考えます。




Why It Matters /なぜそれが重要なのか 〔#136〕


学会員の中でも、

じーちゃん、ばーちゃんは敬意を込めて、「多宝会」と呼ばれています。

ちなみに「多宝会」は英語で

” Many Treasures Group (メニー トレジャーズ グループ)”

といいまして、この呼び名は世界共通です。


この多宝会のメンバーと若者たちが同じ空間で話をしているっていうのは、

なかなかユニークな集まりだと思っているのですが、


日本でも海外でも、「どう若い世代に関わって次のバトンを渡していくか」というのは共通のテーマですね。

アメリカでは、活動といっても、個々人が割と自由に、ポップにやっているイメージが強いですが、

ちゃんと若い世代との関わりを大切にしていているようです。

今回は、「どのように意識して関わっているのか」ということをアメリカの多宝会のメンバーにインタビューした記事がありましたのでご紹介致します。(抜粋)


ワールドトリビューン紙 2017年7月7日号より抜粋
World Tribune July 07,2017


メアリー・スミスさん(支部メンバーケア・アドバイザー、シカゴ)

池田先生は若き後継者の育成に全生命をかけて戦ってこられました。
SGI President Ikeda’s whole life has been geared toward raising successors.

多宝会メンバーとして、
As a Many Treasures Group member,

私たちは今日の青年部が私たちの後継者であると信じています。
 I feel that today’s youth are our successors.

もし私たちが青年部をサポートせずその基盤を築けないとすれば、
If we can’t support and lay the foundation for them,

私たちが戦ってきたことは全て無に帰してしまいます。
everything we fought for will be for nothing

それは断じてあってはなりません。
 —we can’t allow that.

私が1974年に信心を始めたとき、よくリーダーがこう激励してくれました。
もし私が広宣流布の戦いの成功を祈って真剣に唱題していけば、自分自身の夢も実現するのである、と。新入会メンバーとして、私は1プラス1が百万になるような話は信じられませんでした。
When I started practicing Buddhism in 1974, my leaders would encourage me that, if I sincerely chanted for the success of any campaign for kosen-rufu, I would realize my personal dreams, too. As a brand new member, I couldn’t see how one plus one could equal a million.

しかし、戦いの成功を祈って唱題に挑戦していったところ、私の人生が変わりました。
事実、私はガンを4回も克服しました。
But as I challenged myself to chant for the success of a campaign, my life did change. In fact, I’ve overcome cancer four times,

今、次の挑戦に立ち向かい、克服する用意が出来ています。それが何であれ、私は自分自身に質問します。
and I’m prepared to face and overcome my next challenge, whatever it may be. I ask myself,

青年をサポートするため、いかに自分の生命を磨いていくか。
 How else can I polish my life to support the youth and how can I attract more of them to this wonderful practice?

そして、いかにすればより多くの青年たちにこの素晴らしい信心を教えていけるだろうか、と。    
How are you sharing about this goal in your local organization?



タルマジェ・ブラウンさん(支部壮年部リーダー、アトランタ)

数カ月前、東デカルブ・ロクデール支部には青年部の活動家メンバーは一人きりでした。
A few months ago, there was only one active young man in East Dekalb Rockdale Chapter.

今は6人の青年メンバーが活躍しています。
We now have six active young men,

彼らは毎週木曜日にわが家で企画会をしています。
and they hold core meetings every Thursday at my house.

私も車の運転で、どんな青年部の活動でもサポートしています。
I also support with transportation for any youth activity the young men might have.

もし青年部から電話があれば、私は即座に対応するのです。
If they call me and I’m available, it’s done.

機敏に動くことで、少しでも青年部のお手本になれれば、という願いからです。
My idea is to keep them active through my own actions and example.

  
ーー引用おわりーーーー


なんか、ちょっとイメージが変わってきませんか?

なんか、ちょっと日本より楽しそうだなーっていう、何て言うか、「隣の芝生は青い」感じ(笑)。

でも、アメリカだろうと日本だろうと、青年を育てていこう、そこに自分もかかわっていこうとする姿勢、真摯な姿勢はどこにいようと全く変わらないということ。

言葉が違っても、この多宝会のメンバーがどんな気持ちで関わっているのか、

この心意気はビンビン伝わるところが、同じ同志って感じでいいですよね。

では!  

南閻浮提のこと。





いつもみなさん、ありがとうございます。
さて今回のテーマは「南閻浮提」についてです。


例えば『撰時抄』に「これあに像法の中に法華経の実義顕れて南閻浮提に広宣流布するにあらずや」と書かれていまして、日蓮は「広宣流布されるべき土地」を「南閻浮提」としているようです。


そして大石寺系教団も創価学会も、この「南閻浮提」とは「全世界のこと」と考えています。



さてそもそも古来の仏教の世界観では「南閻浮提」とはどのようなものなのでしょう。


『倶舎論』によりますと、須弥山に向かって東西南北に四つの国があるとされています。


それぞれ

東に毘提訶洲(東勝神洲)

南に贍部洲(南閻浮提)、

西に牛貨洲、

北に倶盧洲があるとされています。


そしてこのうち、南閻浮提は人間の住む世界を指しているとされます。


『御義口伝』には「法華経は南閻浮提計りに流布す可しと云う経文なり」(御書781ページ)とあります。『御義口伝』から考えるなら、法華経の功徳は南閻浮提だけに通用するものであり、他の三つの国には行き渡らないことになります。


ところで『西遊記』に出てくる孫悟空は東勝神洲・傲来国の花果山で岩から生まれたと言われています。小説の舞台は中国ですが、これは南閻浮提(南贍部洲)にあるとされます。そして玄奘三蔵たちが向かった天竺は西牛貨洲にあるとされています。


上記の『御義口伝』から素直に考えれば、孫悟空は南閻浮提の生まれではないので、法華経には縁がない衆生になるということになりますし、玄奘孫悟空たちが向かった西域インドの天竺は南閻浮提ではありませんから、法華経には縁がない国々ということになります。



私は別段、南閻浮提を「全世界」と考えるのも自由であるとは思いますが、きちんと考証もせずに過去の教義を丸呑みするだけでは、「南閻浮提」という一つの語句でさえ、きちんとした意味が他者に提起できないのではないかと思います。ですから最近の私は「一閻浮提」という言葉をあまり使わないようにしています。言葉の意味がはっきりしないのに、それを当然の如く使うのは不誠実ですし、誠意ある信仰者ではないと思うゆえです。